フォローする

arcserve-KB : Arcserve Backup r17.5 SP1 のインストール/アップグレード後ジョブ エンジンが停止する/ライセンス エラーが発生する

Last Update: 2018-11-02 02:26:58 UTC

◆ 概要
本文書では、Arcserve Backup r17.5 SP1 のインストール/アップグレード後にジョブ エンジンが停止する/ライセンス エラーが発生する問題と、その解決策について説明します。
◆ 詳細内容
<対象製品>
Arcserve Backup r17.5 SP1 (ビルド 8021)

Arcserve Backup マネージャのメニュー バーから [ヘルプ] - [バージョン情報] を選択します。「r17.5 SP1 (ビルド 8021)」と表示される場合は対象製品です。現在 <発生事象> に記載された問題が発生していない場合でも、今後の発生を抑止するため、「解決方法」に記載の対処を実施してください。

<発生条件>
Arcserve Backup r17.5 SP1 の新規インストール、及びArcserve Backup r17.5 SP1 にアップグレードした環境。Arcserve Backup r17.5 GA などの、Arcserve Backup の他バージョン/ビルドで本問題は発生しません。

<発生事象>
- ジョブ エンジンが不定期に停止する
- 適切なライセンス キーを登録しているにも関わらずライセンス エラーによりバックアップが失敗する

事象発生時にはアクティビティ ログに、以下 [1] [2] のいずれか、もしくは両方が記録されます。

[1]
E12002 <5N17> Arcserve Backup
W1410ライセンス違反 - Arcserve Backup に十分なライセンスがありません。追加のライセンス パックを適用してください。ジョブ番号: x (サーバ: xxxxxxxx 上) のステータスはホールドに設定されます。
W2250 子ジョブ 1 のスレッドのモニタリングは、エラーで終了しました (エラー = xxxxxxxxxx)。

[2]
Arcserve Backup は x.xxxxx TB (-1 TB のうち) を保護しています (ジョブ番号: xx、サーバ: xxxxxxxx)。
Arcserve Backup は x ソケット (-1 ソケット ライセンス済み) を保護しています (ジョブ番号: xx、サーバ:xxxxxxxx)。

※保護するキャパシティ量、もしくはソケット数が不正な値 (-1 TB、-1 ソケット) で記録されます。

<原因>
Arcserve Backup のジョブ エンジンは、ライセンス確認のため Arcserve データベースに接続します。Arcserve Backup r17.5 SP1 のジョブ エンジンでは、Arcserve データベースへの接続動作仕様の変更が、Arcserve データベースに接続できずジョブ エンジンが停止する、ライセンス確認に失敗するなどの問題発生要因となることが確認されました。
◆ 解決方法
本問題は P00001125 で修正されています。P00001125 を適用してください。

<適用対象>
Arcserve Backup r17.5 SP1 サーバ

<適用手順>
1.以下のリンクから P00001125.zip をダウンロードします。

P00001125 Job engine is crashing randomly due to that its throwing violation error even though customer has enough licenses.

2.P00001125.zip を解凍し、生成される P00001125.exe を実行します。

3.インストーラに従い、P00001125 を適用します。

4.P00001125 の適用後 Arcserve Backup マネージャを起動し、[クイック スタート] - [ジョブ ステータス] を選択します。

5.ライセンス違反が検出されたジョブは [ホールド] に変更されています。実行が必要なジョブのステータスを [レディ] に変更します。

※P00001125 の適用時にシステムの再起動は必要ありません。
※P00001125 のインストーラが、Arcserve Backup の関連サービスを自動で停止/起動します。手動でのサービスの停止/開始は必要ありません。
※P00001125 の適用後、PatchStatus.xml を開くことで適用確認ができます。

32 ビット環境の場合
C:\Program Files\CA\SharedComponents\APM\PatchStatus.xml

64 ビット環境
C:\Program Files (x86)\CA\SharedComponents\APM\PatchStatus.xml

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント