KB labels


Ticket Product Version

Ticket Category

Ticket Assignee


Hot Fixes

Published Fixes
Your Arcserve Support User Profile
First Name:
Last Name:
email:
Phone:
Company:*
Customer Type:
Language:

Country:
Region:

Time zone:
フォローする

arcserve-KB : Arcserve Backup r17.5 for Windows 動作要件

Last Update: 2017-10-20 06:40:39 UTC
 
 

Arcserve Backup r17.5 for Windows 動作要件

最終更新日 : 2017/10/20

注意事項

本ソフトウェア利用にあたり、下記に記載されている OS (日本語版) およびアプリケーションのバージョン、サービス パック、累積パッチ (またはそれに準ずるもの) をサポート対象とします。最新の OS、アプリケーションへの対応状況については本ページの記載をもってお知らせとします。

※ 必要メモリ容量、ディスク容量は、システム環境に依存します。

Base & Options

Arcserve Backup r17.5 for Windows
Arcserve Backup r17.5 for Windows Central Management Option
Arcserve Backup r17.5 for Windows Enterprise Module
Arcserve Backup r17.5 for Windows Tape Library Option
Arcserve Backup r17.5 for Windows SAN Option
Arcserve Backup r17.5 for Windows NDMP NAS Option
Arcserve Backup r17.5 for Windows Disaster Recovery Option
Arcserve Backup r17.5 for Windows Global Dashboard


File System Agents

Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Open Files
Arcserve Backup r17.5 Client Agent for Windows
Arcserve Backup r17.5 Client Agent for Linux
Arcserve Backup r17.5 Client Agent for UNIX
Arcserve Backup r17.5 Guest Based Virtual Machines Agent Bundle - ホスト OS
Arcserve Backup r17.5 Guest Based Virtual Machines Agent Bundle - ゲスト OS

DB Agents

Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Lotus Domino
Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Microsoft Exchange
Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Microsoft SharePoint
Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Microsoft SQL
Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Oracle
Arcserve Backup r17.5 for Linux Agent for Oracle
Arcserve Backup r17.5 for UNIX Agent for Oracle


クラウド サポート

クラウド サービス (インストール先としてサポートするクラウド)
クラウド サービス (連携用クラウド ストレージ)


脚注

脚注


注意/制限事項

Arcserve Backup r17.5 for Windows 注意/制限事項



Base & Options

Arcserve Backup r17.5 for Windows

凡例 : [ v ] SP 無しの OS やアプリケーションをサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Arcserve Backup for Windows (Backup Server)

ハードウェア Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
(日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)
メモリ 32 bit (x86) の場合 : 512 MB 以上 (1 GB 以上を推奨)
64 bit (x64) の場合 : 1 GB 以上 (2 GB 以上を推奨)
ディスク容量 ・Windows 2008/2008 R2 の場合
プライマリ サーバ/スタンドアロン サーバ : 3.4 GB 以上のディスク空き容量
メンバ サーバ : 1.4 GB 以上のディスク空き容量
・Windows 2012/2012 R2 の場合
プライマリ サーバ/スタンドアロン サーバ : 3.0 GB 以上のディスク空き容量
メンバ サーバ : 1.5 GB 以上のディスク空き容量
・Windows 2016 の場合
プライマリ サーバ/スタンドアロン サーバ : 3.9 GB 以上のディスク空き容量
メンバ サーバ : 2.2 GB 以上のディスク空き容量

注: Windows Server 2012/R2、2016 環境では、Windows の機能の有効化または無効化より、「.NET Framework 3.5 Features」をインストールしてください。)

注 : Agent Deployment を導入する場合は、さらに 1.3 GB のディスク空き容量が必要になります。
注 : 前述の要件に加えて、Arcserve Backup データベースに必要なディスク容量を考慮する必要があります。使用状況によっては、データベースのサイズは数ギガ バイトに達することもあります。Microsoft SQL Server に関する問題や脆弱性対策については、日本マイクロソフト株式会社の情報をご確認ください。
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Server Core (メンバのみ) SP2 SP2
Foundation Server x SP2
Storage Server SP2 SP2
Small Business Server x v
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Server Core (メンバのみ) x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server x SP1
Small Business Server 2011 Essentials x SP1
Standard x SP1
Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation x v
Server Core (メンバのみ) x v
Storage Server x v
Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation x v
Server Core (メンバのみ) x v
Storage Server x v
Windows Server 2016 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Server Core (メンバのみ) x v
Storage Server x v
Windows 7 ※1 Ultimate SP1 SP1
Enterprise SP1 SP1
Professional SP1 SP1
Windows 8.1 ※1 Basic v v
Pro v v
Enterprise v v
Windows 10 ※1 Pro v v
Enterprise v v
Citrix XenApp 5.0, Feature Pack 1, 2, 3※2 Citrix XenApp がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
Citrix XenApp 6.0 ※2
Windows Server 2008 Hyper-V ※3 x SP2
Windows Server 2008 R2 Hyper-V ※3 x SP1
Windows Server 2012 Hyper-V ※3 x v
Windows Server 2016 Hyper-V ※3 x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V ※3 x v
Microsoft Hyper-V Server 2008 ※3 x SP2
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 ※3 x SP1
Microsoft Hyper-V Server 2012 ※3 x v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 ※3 x v
Microsoft Hyper-V Server 2016 ※3 x v
VMware ESXi 5~6.5 (全ての Update) ※3 ゲスト OS のみ v v
VMware Server1.0.1~2.0.2 ※3 ゲスト OS のみ v v
VMware Workstation4.x~12.x ※3 ゲスト OS のみ v v
Xen Hypervisor (Cent OS 5.4 上) 全てのバージョン ※3 ゲスト OS のみ。Citrix Xen がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
KVM - RedHat 全てのバージョン ※3 ゲスト OSのみ。KVM - RedHat がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
サポートする Arcserve Database ※4 Microsoft SQL Server 2008
(Enterprise, Standard, Workgroup, Web, Developer Edition)
SP1, SP2, SP3, SP4 SP1, SP2, SP3, SP4
Microsoft SQL Server 2008 R2
(Enterprise, Standard, Workgroup, Web, Developer Edition)
v, SP1, SP2, SP3 v, SP1, SP2, SP3
Microsoft SQL Server 2012
(Enterprise, Standard, Business Intelligence, Web, Developer Edition)
v, SP1, SP2 v, SP1, SP2
Microsoft SQL Server 2014
(Enterprise, Standard, Business Intelligence, Web, Developer Edition)
v v, SP1, SP2
Microsoft SQL Server 2016
(Enterprise, Standard, Business Intelligence, Web, Developer Edition)
x v, SP1
Microsoft SQL Server 2014 Express Edition - デフォルト Arcserve Database SP1 SP1
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ Microsoft Internet Explorer 8、Microsoft Internet Explorer 9、Microsoft Internet Explorer 10、Microsoft Internet Explorer 11
・ 1280 × 1024 または 1440 × 900 以上の解像度で 256 色以上を表示できるモニタとビデオ アダプタ
・ サポート対象のバックアップ デバイスは認定デバイス リストを参照してください。

※1
クライアント OS はバックアップ サーバとして利用できません。Arcserve マネージャのみ導入可能です。

※2
1. Citrix XenApp は、Advanced Edition、Enterprise Edition、Platinum Edition をサポートします。
2. Citrix XenApp を使用する場合は事前に技術文書 202916175 をご確認ください。
3. Citrix XenApp システム データのフル バックアップ/フル リストアによる上書きリストアはできません。Citrix XenApp システム全体の復旧には Disaster Recovery Option をご使用ください。
4. 物理マシンまたは仮想マシン上の Citrix XenApp をサポートします。

※3
1. 仮想化システムのホスト OS またはゲスト OS に導入する場合、Arcserve Backup の Backup Server に掲載の OS と SP の組み合わせをサポートします。(前提となる仮想化システムの OS と SP の組み合わせは、各仮想技術ベンダのサポート範囲に準じます)
2. 仮想化システムのゲスト OS に導入する場合、バックアップ先としてディスク ベース デバイスと、認定デバイス リストに掲載された iSCSI 接続の仮想テープライブラリ (VTL) をサポートします。
3. 仮想化システムのゲスト OS に導入する場合、ゲスト OS 上に特化した動作を保証するものではありません。

※4
1. Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Microsoft SQL に掲載の OS と SP の組み合わせをサポートします。
2. 「サポートする Arcserve Database」として動作要件に記載された Microsoft SQL Server 2014 SP1 Express Edition を以下の環境でサポートします。

Windows Storage Server 2008
Windows Storage Server 2008 R2
Windows Storage Server 2012
Windows Storage Server 2012 R2
Windows Storage Server 2016

3. Arcserve データベースのデータベース照合順序は Japanese_CI_AS をサポートします。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows Central Management Option

Central Management Option

必要システム Arcserve Backup r17.5 for Windows
ディスク容量 40 MB 以上のディスク空き容量
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Arcserve Backup for Windows (Backup Server) に同じ
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ ゲスト OS への導入は、Arcserve Backup for Windows (Backup Server) 記載の Hyper-V, VMware、Xen、KVM の仮想化システムをサポートします。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows Enterprise Module

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Enterprise Module

必要システム Arcserve Backup r17.5 for Windows
ディスク容量 100 MB 以上のディスク空き容量
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Foundation Server x SP2
Storage Server SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server x SP1
Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server x v
Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server x v
Windows Server 2016 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ ゲスト OS への導入は、Arcserve Backup for Windows (Backup Server) 記載の Hyper-V, VMware、Xen、KVM の仮想化システムをサポートします。
・ Enterprise Module には、Image Option 機能が統合されています。(対応 OS は以下のうち、ベース製品の要件を満たすものになります)
 Windows 2008 Standard/Enterprise (x86/x64)
 Windows 2008 R2 Standard/Enterprise/Datacenter/Storage Server
 Windows 2012 Standard/Datacenter/Storage Server
 Windows 2012 R2 Standard/Datacenter/Storage Server
 Windows 2016 Standard/Datacenter/Storage Server

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows Tape Library Option

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Tape Library Option

必要システム Arcserve Backup r17.5 for Windows
メモリ Tape RAID 機能を利用する場合は、512 MB 以上を推奨
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Foundation Server x SP2
Storage Server SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server x SP1
Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server x v
Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server x v
Windows Server 2016 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ Tape Library Option は、1つの筐体内に 2つ以上のドライブを搭載したライブラリ装置を使用する場合に必要です。
・ サポート対象のバックアップ デバイスは認定デバイス リストを参照してください。
・ Tape Library Option には、Tape RAID 機能が統合されています。
・ 仮想化システムのゲスト OS に導入した場合、認定デバイス リストに掲載された iSCSI 接続の仮想テープライブラリ (VTL) のみサポートします。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows SAN Option

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

SAN Option

必要システム

Arcserve Backup r17.5 for Windows
Arcserve Backup r17.5 for Windows Tape Library Option
Arcserve Backup r17.5 for Windows Central Management Option
(上記製品については、それぞれの動作要件を確認のこと)

OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Foundation Server x SP2
Storage Server SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server x SP1
Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server x v
Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server x v
Windows Server 2016 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ サポート対象のバックアップ デバイスは、認定デバイス リストを参照してください。
・ SAN Option のライセンスには、Tape Library Option のライセンスが含まれます。
・ Central Management Option は SAN プライマリ サーバに導入します。
・ 仮想化システムのゲスト OS への導入は未サポートです。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows NDMP NAS Option

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

NDMP NAS Option

必要システム Arcserve Backup r17.5 for Windows
ディスク容量 50 MB 以上のディスク空き容量
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Foundation Server x SP2
Storage Server SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server x SP1
Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server x v
Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server x v
Windows Server 2016 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ サポート対象の NAS サーバは、認定デバイス リストを参照してください。
・ サポート対象のバックアップ デバイスは、各 NAS サーバ ベンダにご確認ください。
・ NAS サーバにマルチドライブ (1つの筐体内に2つ以上のドライブ搭載) のライブラリ装置を接続する場合、別途 Tape Library Option が必要です。
・ VMware/Hyper-V/Citrix XenServer/KVM のゲスト OS へのインストールをサポートします。この構成では以下もバックアップ先としてサポートします。
- バックアップ サーバに iSCSI 接続された VTL
- NAS に接続されたテープ装置
・ NetApp の SnapMirror をサポートします。詳細はこちらをご覧ください。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows Disaster Recovery Option

凡例 : [ v ] SP 無しの OS やアプリケーションをサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Disaster Recovery Option

必要システム

ローカル環境 :
- Arcserve Backup r17.5 for Windows
リモート環境 :
- Arcserve Backup r17.5 Client Agent for Windows

(上記製品の動作環境については、それぞれの動作要件を確認のこと)

メモリ WinPE DR を使用して惨事復旧を行う場合は、1 GB 以上
ディスク容量

100 MB 以上のディスク空き容量
Bootable CD DR を使用する場合は、さらに 750 MB 以上のディスク空き容量が必要
Windows PE イメージを使用する場合、作成したイメージ ファイルの保存先に 1.5 GB の空き容量が必要

DR Method OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Bootable CD DR Windows 2008 ※3 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Server Core
(リモート復旧のみ)
SP2 SP2
Foundation Server x SP2
Storage Server ※1 SP2 SP2
Windows 2008 R2 ※3 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Server Core
(リモート復旧 のみ)
x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server ※1 x SP1
Citrix XenApp 5.0, Feature Pack 1, 2, 3※2 Citrix XenApp がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
Citrix XenApp 6.0 ※2 Citrix XenApp がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
WinPE DR Windows 2008 ※3 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Server Core
(リモート復旧のみ)
SP2 SP2
Foundation Server x v(SP1), SP2
Storage Server ※5 SP2 SP2
Windows 2008 R2 ※3 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Server Core
(リモート復旧のみ)
x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server ※5 x SP1
Windows 2012 ※3 Standard Server x v
Datacenter Server x v
Foundation Server x v
Essentials Server x v
Server Core
(リモート復旧のみ)
x v
Storage Server ※5 x v
Windows 2012 R2 ※3 Standard Server x v
Datacenter Server x v
Foundation Server x v
Essentials Server x v
Server Core
(リモート復旧のみ)
x v
Storage Server ※5 x v
Windows 2016 ※3 Standard x v
Datacenter Server x v
Essentials Server x v
Server Core
(リモート復旧のみ)
x v
Storage Server ※5 x v
Citrix XenApp 5.0, Feature Pack 1, 2 ※2 Citrix XenApp がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
Citrix XenApp 6.0 ※2 Citrix XenApp がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
Physical to Virtual DR (P2V) およびVirtual to Virtual DR (V2V)
※4
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Windows 2016 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ゲスト OS への導入は、Arcserve Backup for Windows (Backup Server) 記載の Hyper-V、VMware、Xen、KVM の仮想化システムをサポートします。
・ サポート対象のバックアップ デバイスは、認定デバイス リストを参照してください。
・Bootable CD DR での惨事復旧時には、Microsoft Windows インストール メディアを使用する場合があります。
・Bootable CD DR でブート メディアの作成に使用する Windows のバージョンは、マシンにインストールされている Windows と同じバージョンである必要があります
・ Bootable CD DR/WinPE DR のリカバリ ディスクを利用する場合、ISO9660 イメージ ファイルを書き込み可能なライティング ソフトウェアが必要です。
・WinPE DR で使用する Windows PE リカバリ ディスク イメージを作成する際には、バックアップ サーバに Windows ADK または Windows AIK がインストールされている必要があります。WinPE DR を利用する場合は Disaster Recovery Option ユーザ ガイド「第 3 章 : WinPE を使用した惨事復旧」を事前に確認してください。
・ iSCSI ブート環境では、起動時にシステム LUN を認識し、起動後にシステム以外の LUN を認識します。Disaster Recovery Option では、システム LUN のみ復旧します。惨事復旧を実行した後、リストア ジョブを使用して他のデータ ボリュームをリストアします。

※1
1. Windows Storage Server では、Bootable CD DR による復旧は未サポートになります。Arcserve Backup for Windows (Backup Server) と Disaster Recovery Option が導入された Windows Storage Server にて、他の OS のリモート復旧をサポートします。
2. Windows Storage Server 本体の復旧は、WinPE DR をご利用ください。

※2
1. Citrix XenApp は、Advanced Edition、Enterprise Edition、Platinum Edition をサポートします。
2. Citrix XenApp システム データのフル バックアップ/フル リストアによる上書きリストアはできません。Citrix XenApp システム全体の復旧には Disaster Recovery Option をご利用ください。
3. 物理マシンまたは仮想マシン上の Citrix XenApp をサポートします。

※3
uEFI ブート環境 (x64) をサポートします。

※4
1. P2V は物理マシンから仮想マシンへのデータの復旧方式です。
2. V2Vは仮想マシンから仮想マシンへのデータの復旧方式です。
3. P2V,V2V は VMware ESXi Server、および Hyper-V の仮想マシンをサポートします。

※5
WinPE DR による Windows Storage Server (WSS) の復旧時には、WSS 本体にブート可能な DVD ドライブおよび入出力デバイス (ディスプレイ、キーボード、マウス) の接続が必要です。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows Global Dashboard

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Global Dashboard

必要システム

セントラル プライマリ サーバ :
- Arcserve Backup r17.5 for Windows
- Arcserve Backup r17.5 for Windows Central Management Option
- Arcserve Backup データベース (Express 除く)

ブランチ プライマリ サーバ (Arcserve Backup ドメイン環境の場合) :
- Arcserve Backup r17.5 for Windows
- Arcserve Backup r17.5 for Windows Central Management Option

ブランチ プライマリ サーバ (スタンドアロン サーバの場合) :
- Arcserve Backup r17.5 for Windows

ハードウェア

セントラル プライマリ サーバ :
Dual Core Processor 2.8 GHz 以上を推奨
ブランチ プライマリ サーバ :
Arcserve Backup for Windows (Backup Server) に同じ

メモリ

セントラル プライマリ サーバ :
4 GB 以上を推奨
ブランチ プライマリ サーバ :
Arcserve Backup for Windows (Backup Server) に同じ

ディスク容量

セントラル プライマリ サーバ :
必要なディスク容量は Readme および 実装 ガイド「Global Dashboard データ保存要件」を参照
(Arcserve Backup r17.5 マニュアル選択メニュー)
ブランチ プライマリ サーバ :
Arcserve Backup for Windows (Backup Server) に同じ

必要ソフトウェア Adobe Reader電子メールクライアントの要件についてはリリース ノートをご参照ください。
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Foundation Server x SP2
Storage Server SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation Server x v
Storage Server x v
Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation Server x v
Storage Server x v
Windows Server 2016 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ 仮想化システムのゲスト OS への導入は未サポートです。

Topに戻る


File System Agents

Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Open Files

凡例 : [ v ] SP 無しの OS やアプリケーションをサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Agent for Open Files

必要システム

ローカル環境 :
- Arcserve Backup r17.5 for Windows
リモート環境 :
- Arcserve Backup r17.5 Client Agent for Windows

(上記製品の動作環境については、それぞれの動作要件を確認のこと)

ハードウェア

350 MHz 以上の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
(日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)

メモリ 256 MB 以上
ディスク容量 50 MB 以上のディスク空き容量
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Server Core v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Foundation Server x v(SP1), SP2
Storage Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Small Business Server x v
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Server Core x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server x SP1
Small Business Server 2011 Essentials x SP1
Standard x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Server Core x v
Storage Server x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Server Core x v
Storage Server x v
Windows 2016 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Server Core x v
Storage Server x v
Windows 7 Ultimate SP1 SP1
Enterprise SP1 SP1
Professional SP1 SP1
Windows 8.1 Basic v v
Pro v v
Enterprise v v
Windows 10 Enterprise v v
Pro v v
Citrix XenApp 5.0, Feature Pack 1, 2, 3※1 Citrix XenApp がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
Citrix XenApp 6.0 ※1 Citrix XenApp がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
Windows Server 2008 Hyper-V ※2 x v(SP1), SP2
Windows Server 2008 R2 Hyper-V ※2 x SP1
Windows Server 2012 Hyper-V ※2 x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V ※2 x v
Windows Server 2016 Hyper-V ※2 x v
Microsoft Hyper-V Server 2008 ※2 x v(SP1), SP2
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 ※2 x SP1
Microsoft Hyper-V Server 2012 ※2 x v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 ※2 x v
Microsoft Hyper-V Server 2016 ※2 x v
VMware ESXi 5.0~6.5 ※2 ゲスト OS のみ。 v v
VMware Workstation 4.x~12.x ※2 ゲスト OS のみ。 v v
Xen Hypervisor (Cent OS 5.4 上) 全てのバージョン ※2 ゲスト OS のみ。Citrix Xen がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートするOSをサポートします。
Citrix Xen Server 5.0~6.1 ※2 ゲスト OS のみ。 v v
KVM - RedHat 全てのバージョン ※2 ゲスト OS のみ。KVM-RedHat がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ Agent for Open Files には Client for VSS software Snap-shot が統合されています。
(対応する VSS Writer はこちらの技術資料(英文)を参照してください。)

※1
1. Citrix XenApp は、Advanced Edition、Enterprise Edition、Platinum Edition をサポートします。
2. 物理マシンまたは仮想マシン上の Citrix XenApp をサポートします。

※2
1. 仮想化システムのホスト OS に導入する場合、Arcserve Backup の Backup Server に掲載の OS と SP の組み合わせをサポートします。(前提となる仮想化システムの OS と SP の組み合わせは、各仮想システム ベンダに準じます)
2. 仮想化システムのゲスト OS に Arcserve Backup for Windows の Backup Server と併せて導入する場合は、Agent for Open Files を導入してください。
リモート バックアップとして仮想化システムのゲスト OS に導入する場合は、Virtual Machines Agent Bundle をご利用ください。
3. 仮想化システムのゲスト OS に導入する場合、ゲスト OS 上に特化した動作を保証するものではありません

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 Client Agent for Windows

凡例 : [ v ] SP 無しの OS やアプリケーションをサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Client Agent for Windows

ハードウェア 350 MHz 以上の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
(日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)
メモリ 256 MB 以上 (512 MB 以上を推奨)
ディスク容量 100 MB 以上のディスク空き容量が必要
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Server Core v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Foundation Server x v(SP1), SP2
Storage Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Small Business Server x v
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Server Core x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server x SP1
Small Business Server 2011 Essentials x SP1
Standard x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Server Core x v
Storage Server x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Server Core x v
Storage Server x v
Windows 2016 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Server Core x v
Storage Server x v
Windows 7 Ultimate SP1 SP1
Enterprise SP1 SP1
Professional SP1 SP1
Windows 8.1 Basic v v
Pro v v
Enterprise v v
Windows 10 Enterprise v v
Pro v v
Citrix XenApp 5.0, Feature Pack 1, 2, 3※1 Citrix XenApp がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
Citrix XenApp 6.0 ※1 Citrix XenApp がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
Windows Server 2008 Hyper-V   x v(SP1), SP2
Windows Server 2008 R2 Hyper-V   x SP1
Windows Server 2012 Hyper-V   x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V   x v
Windows Server 2016 Hyper-V   x v
Microsoft Hyper-V Server 2008   x v(SP1), SP2
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2   x SP1
Microsoft Hyper-V Server 2012   x v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2   x v
Microsoft Hyper-V Server 2016   x v
VMware ESXi 5.0~6.5 ゲスト OS のみ。 v v
VMware Workstation 4.x~12.x ゲスト OS のみ。 v v
Xen Hypervisor (Cent OS 5.4 上)全てのバージョン ゲスト OS のみ。Citrix Xen がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
Citrix Xen Server 5.0~6.1 ゲスト OS のみ。 v v
KVM - RedHat 全てのバージョン ゲスト OS のみ。KVM-RedHat がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・Microsoft Internet Explorer 8、Microsoft Internet Explorer 9、Microsoft Internet Explorer 10、Microsoft Internet Explorer 11
・仮想化システムのゲスト OS に導入する場合、ゲスト OS 上に特化した動作を保証するものではありません。

※1
1. Citrix XenApp は、Advanced Edition、Enterprise Edition、Platinum Edition をサポートします。
2. Citrix XenApp システム データのフル バックアップ/フル リストアによる上書きリストアはできません。Citrix XenApp システム全体の復旧には Disaster Recovery Option をご使用ください。
3. 物理マシンまたは仮想マシン上の Citrix XenApp をサポートします。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 Client Agent for Linux

凡例 : [ v ] ディストリビューションのメジャー リリース バージョンが同一であれば、記載されたアップデート リリース以上のリリースもサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Client Agent for Linux

ハードウェア 500 MHz 以上の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
メモリ 256 MB 以上
ディスク容量 25 MB 以上のディスク空き容量が必要
必要なソフトウェア ・ RPC port Mapper Service
・ glibc-2.1.3 以上
・ libstdc++
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Red Hat 4.x AS/WS/ES v v
Red Hat Enterprise Linux 5.x Advanced Platform/WS/ES v v
Red Hat Enterprise Linux 6.x, 7.x Server v v
SUSE Linux 9.x, 10.x, 11.x, 12.x Enterprise Server v v
Oracle Enterprise Linux 5.x, 6.x Enterprise Server v v
Oracle Enterprise Linux 7.x Enterprise Server x v
CentOS 5.x, 6.x v v
CentOS 7.x x v
Turbolinux 11 Server v v
Debian 5.x, 6.x, 7.x, 8.x v v
Miracle Linux 4.0 - Asianux Inside v v
Windows Server 2008 Hyper-V ゲスト OS のみ。 x v(SP1), SP2
Windows Server 2008 R2 Hyper-V ゲスト OS のみ。 x SP1
Windows Server 2012 Hyper-V ゲスト OS のみ。 x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V ゲスト OS のみ。 x v
Windows Server 2016 Hyper-V ゲスト OS のみ。 x v
Microsoft Hyper-V Server 2008 ゲスト OS のみ。 x v(SP1), SP2
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 ゲスト OS のみ。 x SP1
Microsoft Hyper-V Server 2012 ゲスト OS のみ。 x v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 ゲスト OS のみ。 x v
Microsoft Hyper-V Server 2016 ゲスト OS のみ。 x v
VMware ESXi 5.0~6.5 ゲスト OS のみ。 v v
VMware Workstation 4.x~12.x ゲスト OS のみ。 v v
Xen Hypervisor (Cent OS 5.4 上) 全てのバージョン ゲスト OS のみ。Citrix Xen がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
KVM - RedHat 全てのバージョン ゲスト OS のみ。KVM-RedHat がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ SELinux をサポートします。
・ BTRFS (B-tree file system) をサポートします。
・ 32 ビット用のライブラリ ファイルをご利用ください。
・ Red Hat Enterprise Linux と SUSE Linux は UTF-8 に対応します。その他のディストリビューションでは、EUC の対応となります。
・ 仮想化システムのゲスト OS に導入する場合は、Client Agent for Linux ではなく、Virtual Machines Agent Bundle をご利用ください。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 Client Agent for UNIX

凡例 : [ v ] 「OS Release」に記載されたバージョンをサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Client Agent for Unix

ハードウェア

Solaris Ultra SPARC モデル以上
IBM AIX RS 6000 以上のモデル
HP-UX PA-RISC

CPU 1 GHz 以上
メモリ 256 MB 以上
ディスク容量 25 MB 以上のディスク空き容量
/var/tmp ファイル システム上に 25 MB 以上のディスク空き容量 (一時領域) が必要
OS Release Supported Architecture/ServicePack level
SPARC Power Processor PA RISC
Solaris SPARC 8, 9, 10, 11 v x x
IBM AIX v5.2, v5.3, v6.1, v7.1 x v x
HP-UX 11.23, 11.31 x x v
その他 ・ DVD-ROM ドライブ

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 Guest Based Virtual Machines Agent Bundle - ホストOS
(Arcserve Backup r17.5 VM Agent per Host License)

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Virtual Machines Agent Bundle - ホスト OS

ハードウェア

350 MHz 以上の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
(日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)

メモリ

VMware 環境 (バックアップ プロキシ サーバ) : 256 MB 以上
Hyper-V 環境 : 256 MB 以上 (512 MB 以上を推奨)

ディスク容量

100 MB 以上のディスク空き容量
(Agent for Open Files を導入する場合は、さらに 50 MB のディスク容量が必要)

OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Windows Server 2008 Hyper-V Standard x v(SP1), SP2
Enterprise x v(SP1), SP2
Datacenter x v(SP1), SP2
Server Core x v(SP1), SP2
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Server Core x SP1
Windows Server 2012 Hyper-V Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Server Core x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Server Core x v
Windows Server 2016 Hyper-V Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Server Core x v
Microsoft Hyper-V Server 2008 x v(SP1), SP2
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 x SP1
Microsoft Hyper-V Server 2012 x v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 x v
Microsoft Hyper-V Server 2016 x v
VMware ESXi Server
VMware vCenter server version VMware ESXi Server version VDDK Version  

VMware vCenter Server,
VMware vCenter Server Appliance 6.5

vSphere (ESXi) 6.5 6.0.2, 6.5 ※3
vSphere (ESXi) 6.0, 6.0 Update 1,
6.0 Update 2, Update 3
6.0.2, 6.0.3, 6.5

VMware vCenter Server,
VMware vCenter Server Applience 6.0, Update 1, Update 2, Update 3

vSphere (ESXi) 6.0, Update 1 , Update 2, Update 3 6.0, 6.0.1, 6.0.2, 6.0.3 ※1
vSphere (ESXi) 5.5, Update 1, Update 2, Update 3 ※2 6.0, 6.0.1, 6.0.2
vSphere (ESXi) 5.1, Update 1, Update 2, Update 3 6.0, 6.0.1, 6.0.2
VMware vCenter Server,
VMware vCenter Server Appliance 5.5, Update 1, Update 2, Update 3 ※2

vSphere (ESXi) 5.5, Update 1, Update 2, Update 3 ※2

6.0, 5.5, Update 1, Update 2, Update 3, Update 4  
vSphere (ESXi) 5.1, Update 1, Update 2, Update 3 5.5, Update 1, Update 2
vSphere (ESXi) 5.0, Update 1, Update 2, Update 3 5.5, Update 1, Update 2
VMware vCenter Server,
VMware vCenter Server Appliance 5.1, Update 1, Update 2, Update 3
vSphere (ESXi) 5.1, Update 1, Update 2, Update 3 5.1, Update 1, Update 2, Update 3,
5.5, Update 1, Update 2
vSphere (ESXi) 5.0 Update 1 5.0, Update 1
vSphere 5.0 (ESXi) Update 2, Update 3 5.0, Update 1, Update 2, Update 3, Update 4,
5.1, Update 1, Update 2, Update 3,
5.5, Update 1, Update 2
VMware vCenter Server 5.0 Update 1, Update 2, Update 3 vSphere (ESXi) 5.0 Update 1 5.0, Update 1, 5.1
vSphere (ESXi) 5.0 Update 2, Update 3 5.0, Update 1, Update 2, Update 3, Update 4,
5.1, Update 1, Update 2, Update 3,
5.5, Update 1, Update 2
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ Virtual Machines Agent Bundle のライセンスには、Virtual Machines Agent 用の Agent for Open Files のライセンスが含まれます。
・Virtual Machines Agent Bundle には、Client Agent for Windows の機能が含まれます。
・Virtual Machines Agent Bundle は Hyper-V 環境では Hyper-V ホスト OS に、VMware ESXi 環境ではバックアップ プロキシ サーバにインストールします。詳細はユーザ ガイドを参照してください。

(Arcserve Backup r17.5 マニュアル選択メニュー)

・ vSphere 環境において、Windows 2000 Server、Windows Server 2003 を導入したゲストの、エージェントレスでの RAW バックアップをサポートします。
・VMware ESXi Server のホスト OS のバックアップは未サポートです。
・バックアップ プロキシ サーバは、Client Agent for Windows に掲載の 64 bit OS と SP の組み合わせをサポートします。(前提となるバックアップ プロキシ サーバの OS と SP の組み合わせは、ヴイエムウェア株式会社のサポート範囲に準じます)
・ESXi と vCenter のバージョンや各 Update との組み合わせは、Arcserve Backup とヴイエムウェア株式会社の両方のサポート条件を満たす組み合わせをサポートします。
・Virtual Machines Agent Bundle は、VMware View をサポートします。
VMware View を保護する場合は事前に技術文書 : 021012603 をご確認ください。
・vSphere Fault Tolerance (FT) 機能は、Virtual Machines Agent Bundle に含まれる Client Agent 経由のみのサポートとなります。(VDDK 経由でのバックアップは未サポートです)
・VMware SRM 環境 (仮想マシン、vCenter Server、SRM Server) を以下の条件でサポートします。
- 保護サイトと復旧サイトの両方からバックアップできます。
- vCenter Replication のみをサポートします。 (アレイ ベースのレプリケーションはサポートしません)
- vRMS (vSphere Replication Management Server) のバックアップはサポートしません。

・vSphere Replication は未サポートです。

・SR-IOV (Single Root I/O Virtualization) 環境は未サポートです。

※1
vSphere 6 はESXi600-201505001 for ESXi 6.0 が適用されている場合に限りサポートします。詳しくは VMware ESXi 6.0 Patch Release ESXi600-201505001 (2116125) を参照してください。

※2
vSphere 5.5 Update 3a 以降の適用を推奨します。

※3
VMware 6.5 対応 モジュール(P00000671)の適用が必要です。リンク先の制限事項を事前にご確認ください。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 Guest Based Virtual Machines Agent Bundle - ゲスト OS
(Arcserve Backup r17.5 VM Agent per Host License)

凡例 : [ v ] SP 無しの OS やアプリケーションをサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Virtual Machines Agent Bundle - Windows ゲスト OS

ゲスト OS Client Agent for Windows に掲載のディストリビューションと SP の組み合わせをサポートします(Windows 2008 x86、KVM 環境を除く)。
前提になる仮想化システムのゲスト OS とディストリビューションと SP の組み合わせは、各仮想技術ベンダのサポート範囲に準じます。
メモリ Client Agent for Windows に準拠
ディスク容量 Client Agent for Windows に準拠
(Agent for Open Files を導入する場合は、さらに 50 MB のディスク容量が必要)
仮想化システム Service Pack/Update Supported Architecture (ゲスト OS)
x86 x64
Windows Server 2008 Hyper-V v(SP1), SP2 v v
Windows Server 2008 R2 Hyper-V SP1 v v
Windows Server 2012 Hyper-V v v v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V v v v
Windows Server 2016 Hyper-V v v v
Microsoft Hyper-V Server 2008 v(SP1), SP2 v v
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 SP1 v v
Microsoft Hyper-V Server 2012 v v v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 v v v
Microsoft Hyper-V Server 2016 v v v
VMware ESXi 5.0~6.5 ※1 (全ての Update) v v
VMware Workstation 4.x~12.x v v
Citrix Xen Server 5.0~6.1 v v
Xen Hypervisor (Cent OS 5.4 上) 全てのバージョン Citrix Xen がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
KVM - Red Hat ※2 全てのバージョン v v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ Virtual Machines Agent Bundle のライセンスには、Virtual Machines Agent 用の Agent for Open Files のライセンスが含まれます。
・ Virtual Machines Agent Bundle には、Client Agent for Windows の機能が含まれます。
・ Client Agent for Windows 機能のサポート範囲は、製品の Client Agent for Windows と同等になります。(ゲスト OS 上に特化した動作を保証するものではありません)
・Nano Server の保護は仮想環境上で、Virtual Machines Agent 経由でのみサポートします。
・ Virtual Machines Agent 用の Agent for Open Files では、製品版の Agent for Open Files と同等機能を利用できます。(ゲスト OS 上に特化した動作を保証するものではありません)

※1
VMware 環境を VDDK 経由でバックアップする場合、Update レベルはホスト OS 欄を確認してください。

※2
1. KVM 環境では、以下のゲスト OS をサポートします。(OS の Edition および SP レベルは、Client Agent for Windows 掲載の組み合わせをサポートします)
Windows Server 2008 (x86/x64)
Windows Server 2008 R2 (x64)
Windows Server 2012 (x64)
Windows Server 2012 R2 (x64)

2. 前提となる OS の Edition と SP の組み合わせは、KVM のサポート範囲に準じます

Virtual Machines Agent Bundle - Linux ゲスト OS

ゲスト OS Client Agent for Linux に掲載のディストリビューションと SP の組み合わせをサポートします。(KVM 環境を除く)
前提になる仮想化システムのゲスト OS とディストリビューションと SP の組み合わせは、各仮想技術ベンダのサポート範囲に準じます。
メモリ Client Agent for Linux に準拠
ディスク容量 Client Agent for Linux に準拠
必要なソフトウェア Client Agent for Linux に準拠
仮想化システム Service Pack/Update Supported Architecture (ゲスト OS)
x86 x64
Windows Server 2008 Hyper-V v(SP1), SP2 v v
Windows Server 2008 R2 Hyper-V SP1 v v
Windows Server 2012 Hyper-V v v v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V v v v
Windows Server 2016 Hyper-V v v v
Microsoft Hyper-V Server 2008 v(SP1), SP2 v v
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 SP1 v v
Microsoft Hyper-V Server 2012 v v v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 v v v
Microsoft Hyper-V Server 2016 v v v
VMware ESXi 5.0~6.5※1 (全ての Update) v v
VMware Workstation 4.x~12.x v v
Xen Hypervisor (Cent OS 5.4 上) 全てのバージョン Citrix Xen がサーバ OS としてサポートし、Arcserve Backup が物理環境でサポートする OS をサポートします。
KVM - Red Hat ※2 全てのバージョン v v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ Virtual Machines Agent Bundle には、ゲスト OS 用の Client Agent for Linux のライセンスが含まれます。
・ Client Agent for Linux のサポート範囲は 製品版の Client Agent for Linux と同等になります。(ゲスト OS 上に特化した動作を保証するものではありません)

※1
VMware 環境を VDDK 経由でバックアップする場合、Update レベルはホスト OS 欄を確認してください。

※2
1. KVM 環境では、以下のゲスト OS をサポートします。(ディストリビューションの Edition は、Client Agent for Linux 掲載の Edition をサポートします)
Red Hat Enterprise Linux 5.x (x86/x64)
Red Hat Enterprise Linux 6.x (x86/x64)
Red Hat Enterprise Linux 7.x (x86/x64)
2. 前提となるディストリビューションの Edition と Update の組み合わせは、KVM のサポート範囲に準じます。

Topに戻る


DB Agents

Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Lotus Domino

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Agent for Lotus Domino

ハードウェア

600 MHz 以上 (1 GHz 以上を推奨) の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
(日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)

メモリ 512 MB 以上
ディスク容量 100 MB 以上のディスク空き容量 (さらにバックアップ対象内の最大 Domino データベースのサイズ以上の空き容量が必要)
Application Release OS Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
8.5, 8.5.1, 8.5.2, 8.5.3 Windows 2008 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
8.5.2, 8.5.3 Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
9.0, 9.0.1 Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
9.0.1 Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ DB2 使用時は未サポートです。
・ DAOS 利用環境をサポートします。
・ アプリケーションと OS の組み合わせは、日本アイ・ビー・エム株式会社に準じます。
・ 仮想環境への導入は動作要件の末尾にある脚注を参照してください。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Microsoft Exchange

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Agent for Microsoft Exchange

ハードウェア

800 MHz 以上(1 GHz 以上を推奨)の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
(日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)

メモリ Exchange 2007 : 2GB 以上
Exchange 2010 : 4GB 以上
Exchange 2013 : 8GB 以上
Exchange 2016 : 8GB 以上
ディスク容量 100 MB 以上のディスク空き容量
Application Release OS Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Exchange 2010, SP1, SP2, SP3 Windows 2008 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Small Business Server 2011 Standard x SP1
Exchange 2010 SP3,
Exchange 2013
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Exchange 2013 SP1 Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Exchange 2016 ※1 Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Windows Server 2016 Standard x v
Datacenter x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ Brick Level は未サポートです。
・ Microsoft Exchange Server 2007、Exchange Server 2010、Exchange Server 2013 で Document Level を利用する場合、Agent for Microsoft Exchange の導入前に、日本マイクロソフト株式会社提供の Microsoft Exchange Server MAPI Client and Collaboration Data Objects 1.2.1 (このサイトは英語の場合があります) があらかじめインストールされている必要があります 詳細はこちらを参照してください。
・ Microsoft Exchange Server をバージョンアップした場合は、Agent for Microsoft Exchange の再インストールが必要です。
・ アプリケーションと OS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。
・ 仮想環境への導入は動作要件の末尾にある脚注を参照してください。
・Office 365 の Exchange サーバのバックアップは未サポートです。
・個人用アーカイブについてはこちらを参照してください。(英語ページ)

※1
Exchange 2016 についてはデータベース レベルのバックアップが可能です。詳細レベルのリストアについては、Exchange 詳細レベル ユーティリティを使用します。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Microsoft SharePoint

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Agent for Microsoft SharePoint

ハードウェア

2.5 GHz 以上の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
(日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)

メモリ 2 GB 以上
ディスク容量 100 MB 以上のディスク空き容量
Application Release OS Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
SharePoint Server 2007, SP1, SP2, SP3 Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Foundation Server x v(SP1), SP2
Small Business Server x v
SharePoint Server 2007 SP2, SP3 Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Foundation Server x SP1
SharePoint Server 2010, SP1, SP2 Windows 2008 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Small Business Server 2008 Standard x SP1, SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Small Business Server 2011 Standard x SP1
SharePoint Foundation 2010, SP1, SP2 Windows 2008 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
SharePoint Services 3.0 SP1, SP2 Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
SharePoint Services 3.0 SP2 Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
SharePoint Server 2013 Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
SharePoint Foundation Server 2013 Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
SharePoint Server 2013 SP1 Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
SharePoint Foundation Server 2013 SP1 Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ Microsoft SharePoint Server で使用される Microsoft SQL Server は、Agent for Microsoft SQL に掲載の SQL Server バージョン/Edition/OS/SP の組合せにてサポートします。
・ アプリケーションと OS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。
・ 仮想環境への導入は動作要件の末尾にある脚注を参照してください。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Microsoft SQL

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Agent for Microsoft SQL

ハードウェア

SQL 2008, 2012, 2014 : 1 GHz 以上 (2 GHz 以上を推奨) の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
SQL 2016 : 1.4 GHz 以上 (2 GHz 以上を推奨) の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
(日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)

メモリ SQL 2008 : 512 MB (2 GB 以上を推奨)
SQL 2012 : 512 MB (4 GB 以上を推奨)
SQL 2014, 2016: 1 GB (4 GB 以上を推奨)
ディスク容量 350 MB 以上のディスク空き容量
Application Release OS Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
SQL 2008, SP1, SP2, SP3, R2, R2 SP1, R2 SP2, R2 SP3
(Workgroup, Standard, Enterprise, Web, Developer, Express Edition)
Windows 2008
(SQL Server 2008 R2 は要 Windows 2008 SP2)
Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Foundation Server x v(SP1), SP2
Small Business Server 2008 Standard x v
Premium x v
SQL 2008 SP1, SP2, SP3, SP4, R2, R2 SP1, R2 SP2, R2 SP3
(Workgroup, Standard, Enterprise, Developer Express Edition)
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Web Server x SP1
Datacenter x SP1
Foundation Server x SP1
Small Business Server 2011 Standard x SP1
Essentials Edition x SP1
Windows 2012
(SQL Server 2008 は要 SP3、SQL Server 2008 R2 は要 R2 SP1)
Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation x v
Server Core x v
SQL 2012, SP1, SP2, SP3
(Standard, Enterprise, Enterprise Core, Business Intelligence, Web, Express)
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Server Core x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation x v
Server Core x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation x v
Server Core x v
SQL 2014, SP1, SP2
(Standard, Enterprise, Enterprise Core, Business Intelligence, Web, Express)
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Server Core x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation x v
Server Core x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation x v
Server Core x v
SQL 2016, SP1
(Standard, Enterprise, Enterprise Core, Business Intelligence, Web, Express)
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation x v
Server Core x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Foundation x v
Server Core x v
Windows 2016 Standard x v
Datacenter x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ Microsoft SQL Server をバージョンアップした場合は、Agent for Microsoft SQL の再インストールが必要です。
・ アプリケーションと OS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。
・ 仮想環境への導入は動作要件の末尾にある脚注を参照してください。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Windows Agent for Oracle

凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Agent for Oracle

ハードウェア

600 MHz 以上 (1 GHz 以上を推奨) の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
(日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)

メモリ Oracle 10g R1, R2 の場合 : 512 MB 以上
Oracle 11g R1, R2 の場合 : 1 GB 以上
Oracle 12c の場合 : 2 GB 以上
ディスク容量 100 MB 以上のディスク空き容量
Application Release OS Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Oracle 10g
R2 Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One, Oracle Fail Safe (3.4.1), 32/64bit RAC (ASM/OCFS/raw デバイス)
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Oracle 10g
R2 Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One, Oracle Fail Safe (3.4.2), 32/64 ビット RAC (ASM/OCFS/raw デバイス)
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Oracle 11g
R1, R2 Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One, Oracle Fail Safe (3.4.1, 3.4.1.4, 3.4.2),
32/64 ビット RAC (ASM/OCFS/raw デバイス) ※1
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Oracle 11g
R2 Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One (SE1), Standard Edition 2 (SE2)
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Oracle 12c R1 (12.1.0.1.0、12.1.0.2.0) R2 (12.2.0.1.0)
Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One (SE1), Standard Edition 2 (SE2), RAC (ASM) ※2 ※3
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Windows 2016 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ ASM/OCFS/raw デバイス領域のバックアップ/リストアは RMAN モードのみサポートします。
・ アプリケーションと OS の組み合わせは、日本オラクル株式会社に準じます。
・ 仮想環境への導入は動作要件の末尾にある脚注を参照してください。

※1
Oracle 11g R2 の RAC については 32-bit OS は未サポートです。

※2
・Oracle 12c 以降の CDB (コンテナ・データベース)、および PDB (プラガブル・データベース) をサポートします。詳細はこちらの技術資料 (英文) をご確認ください。
・デフォルトの Windows ユーザ (Administrator) 以外のユーザを、Oracle 12c のインストール時に設定した場合、設定を行ったユーザを Arcserve Backup Agent for Oracle フォルダにフル コントロール権限で設定する必要があります。
 1) Windows OS の「管理ツール」 - 「サービス」を起動し、バックアップ対象の Oracle インスタンス サービスのログオン アカウントを確認します。
 2) 確認したログオン アカウントが Administrator 以外の場合は、Arcserve Backup Agent for Oracle のインストール先フォルダにフル コントロール権限を追加します。
   ※Administrator の場合は設定の変更は必要ありません。
 3) フル コントロール権限追加後、バックアップ対象の Oracle インスタンス サービスを再起動します。

※3
Agent for Oracle は、仮想アカウントを使用してインストールされた Oracle 12c R2 データベースをサポートしません。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for Linux Agent for Oracle

凡例 : [ v ] ディストリビューションのメジャー リリース バージョンが同一であれば、記載されたアップデート リリース以上のリリースもサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Oracle Agent for Linux

ハードウェア x86 の場合 : 500 MHz 以上の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
x64 の場合 : 1 GHz 以上の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
メモリ 256 MB 以上
ディスク容量 250 MB 以上のディスク空き容量
必要なソフトウェア compat-libstdc++ (「libstdc++-libc6.*.so」および「libstdc++.so.5」相当を含む)
Application Release OS Edition Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64
Oracle 10g R1
Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One
Red Hat Enterprise Linux 4.x AS/ES/WS v v
SUSE 9.x Enterprise Server v v
Oracle 10g R2 Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One SUSE Linux 9.x, 10.x, 11.x Enterprise Server v v
Oracle Enterprise Linux 5.x, 6.x Enterprise Server v v
Oracle 10g R2
Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One
RAC (OCFS2)
Red Hat Enterprise Linux 4.x, 5.x AS/ES/WS, Advanced Platform v v
Oracle 11g R1
Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One
Red Hat Enterprise Linux 4.x, 5.x AS/ES/WS, Advanced Platform v v
SUSE Linux 10 SP1, SP2, 11 Enterprise Server    
Oracle 11g R1
Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One
RAC (OCFS2)
Red Hat Enterprise Linux 4.x, 5.x AS/ES/WS, Advanced Platform v v
Oracle 11g R2
Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One (SE1), Standard Edition 2 (SE2)
Red Hat Enterprise Linux 5.x ES/WS v v
Advanced Platform v v
Red Hat Enterprise Linux 6.x Enterprise Server v v
Red Hat Enterprise Linux 7.x Enterprise Server x v
SUSE Linux 11 SP1, SP2 Enterprise Server v v
Oracle Enterprise Linux 5.x, 6.x Enterprise Server v v
Oracle 11g R2
Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One (SE1), Standard Edition 2 (SE2)

RAC (ASM/OCFS/raw デバイス)
Red Hat Enterprise Linux 5.x ES/WS, Advanced Platform x v

Oracle 12c R1 (12.1.0.1.0、12.1.0.2.0) R2 (12.2.0.1.0)
Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One (SE1), Standard Edition 2 (SE2)

Red Hat Enterprise Linux 6.x, 7.x Enterprise Server x v
SUSE 11 SP3 Enterprise Server x v
Oracle Enterprise Linux 6.x, 7.x Enterprise Server x v
その他

・ DVD-ROM ドライブ
・ 32 ビット用のライブラリ ファイルをご利用ください。
・ Red Hat Enterprise Linux と SUSE Linux は UTF-8 に対応します。その他のディストリビューションでは、EUC の対応となります。
・ アプリケーションと OS の組み合わせは、日本オラクル株式会社に準じます。
・ 仮想環境への導入は動作要件の末尾にある脚注を参照してください。
・ Oracle Exadata 7 については、Arcserve Backup がサポートするバージョンの OS および Oracle Database が使用されていればサポートします。
・ Oracle 12c の CDB (コンテナ・データベース) および PDB (プラガブル・データベース) 環境は未サポートです。

Topに戻る

Arcserve Backup r17.5 for UNIX Agent for Oracle

凡例 : [ v ] 「OS」に記載されたバージョンをサポートします。
  [ x ] 未サポート/該当せず

Oracle Agent for UNIX

ハードウェア

Solaris Ultra SPARC モデル以上
IBM AIX RS6000 以上のモデル
HP-UX PA-RISC

メモリ 256 MB 以上
ディスク容量 400 MB 以上のディスク空き容量
IBM AIX では 700 MB 以上のディスク空き容量
Application Release OS Supported ServicePack level
Oracle 10g R1, R2 Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One Solaris SPARC 8, 9, 10 v
IBM AIX v5.2, v5.3, 6.1 v
HP-UX 11.23 v
Oracle 11g R1 Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One Solaris SPARC 10 v
IBM AIX v5.3, v6.1, v7.1 v
HP-UX 11.23, 11.31 v
Oracle 11g R2 Enterprise Edition, Standard Edition, Standard Edition One Solaris SPARC 10, 11 v
IBM AIX v6.1, v7.1 v
HP-UX 11.31 v

Topに戻る

クラウド サポート

クラウド サービス (インストール先としてサポートするクラウド)

Arcserve Backup をクラウド コンピュータに導入する場合、以下の条件全てを満たすクラウド システム (IaaS/PaaS) をサポートします。

1. OS
- クラウド コンピュータ上でクラウド ベンダがサポートする OS とバージョン

2. アプリケーション
- クラウド コンピュータ上でアプリケーション ベンダがサポートするアプリケーションとバージョン

3. Arcserve Backup サポート
- Arcserve Backup が物理マシン上でサポートする OS およびアプリケーションとバージョン

注意 :
物理マシンで発生しない不具合の場合、Arcserve はベスト エフォートでのサポートまでを提供します。その場合、当該不具合の解消に至らずチケットをクローズする場合があります。


その他の留意事項 :
a. クラウド 仮想マシンからテープ装置へのバックアップはサポートしません。

b. クラウド 仮想マシンのシステム復旧 (フル リストア/Disaster Recovery Option) はサポートしません。


[クラウド ベンダー様へ]
弊社所定のテスト ケースはこちらからダウンロードいただけます。

検証の有無によるサポート内容に相違はありませんが、お客様に安心してご利用いただくために検証実施をお勧めします。
クラウド サービス (連携用クラウド ストレージ)
Amazon S3
Microsoft Azure ※1
FUJITSU Cloud Service A5 for Microsoft Azure ※1
Eucalyptus-Walrus 2.0, 2.0.2, 3.0, 3.1, 3.2, 3.4.1, 3.4.2
Cloudn Object Storage
Cloudian
White Cloud Storage
IIJ GIO
NEC Cloud IaaS Object Storage (N)

Topに戻る

脚注 :
・仮想化システムのゲスト OS にアプリケーション Agent (Agent for Lotus Domino/Agent for Microsoft Exchange/Agent for Microsoft SharePoint/Agent for Microsoft SQL/Agent for Oracle/Oracle Agent for Linux/Oracle Agent for UNIX) を導入する場合、以下 1 から 3 のすべてに合致する環境に限りサポートします。

  1. 仮想技術ベンダがサポート
    サーバ仮想化ベンダ (ヴイエムウェア株式会社、日本マイクロソフト株式会社、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社、レッドハット株式会社) がゲスト OS としてサポートする OS バージョン、そのリリース (サービス パック等)、およびその機能
  2. OS およびアプリケーション ベンダがサポート
    OS およびアプリケーション ベンダが、対象ゲスト OS 上でサポートする OS/アプリケーション バージョン、そのリリース (サービス パック等)、およびその機能
  3. Arcserve Backup が物理環境でサポート
    Arcserve Backup が物理環境上で アプリケーション Agent をサポートする OS またはアプリケーション、およびその機能

サポート範囲は物理環境上のサポートと同等になります。ゲスト OS 上で問題が発生した場合、物理環境上での問題再現が必要なケースがあります。ゲスト OS 上に特化した動作を保証するものではありません。

・特に記載のない限り、OS やアプリケーションのマイナー バージョンをサポートします。(Lotus Domino を除く)

※1 Azure リソース マネージャー (Azure Resource Manager) は未サポートです。

Topに戻る

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント