フォローする

arcserve-KB : Arcserve UDP Agent v6.0 で FAT32 ファイル システムの認識に失敗する

Last Update: 2017-10-06 02:18:55 UTC

◆ 概要
本文書では、Arcserve Unified Data Protection (以降 Arcserve UDP) Agent (Windows) v6.0 で FAT32 ファイル システムの認識に失敗する問題について説明します。
◆ 詳細内容
Arcserve UDP Agent (Windows) v6.0 では、環境によって FAT32 ファイル システムの認識に失敗する問題が存在します。同問題が発生した場合には以下等の事象が発生する場合があります。

■事象
1. EFI システム パーティションのファイル システムが FAT32 ではなく Raw として認識される。
(EFI システム パーティション内のデータに影響はありません)

2. EFI システム パーティションに関連する Windows Update の適用に失敗する。

3. Windows のシャットダウンに失敗する。

4. FAT32 ファイル システムの USB メモリが認識されない。

5. Windows ログ (Application) 上に ASR Writer に関する VSS 8193 のエラーが記録される。


<エラー例>
=========================================================
ログの名前: アプリケーション
ソース: VSS
イベント ID: 8193
レベル: エラー
全般: ボリューム シャドウ コピー サービス エラー: ルーチン IVssAsrWriterBackup::GetDiskComponents の呼び出し中に予期しないエラーが発生しました。hr = xxxxxxxxxx, ボリューム シャドウ コピー サービス コンポーネントで、予期しないエラーが発生しました。詳細は、アプリケーション イベント ログを確認してください。

操作:
OnIdentify イベント
ライター データを収集しています

コンテキスト:
実行コンテキスト: ASR Writer
ライター クラス ID: {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
ライター名: ASR Writer
ライター インスタンス ID: {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}"
=========================================================

※重要
事象 1 が発生している状態で取得したバックアップ データ (復旧ポイント) からは正しくベア メタル復旧 (BMR) できません。P00000513 を適用した後にはフル バックアップを取得してください。

<EFI システム パーティションのファイル システムを確認する方法>
「ディスクの管理」画面からは EFI システム パーティションのファイル システムが、Raw の状態であるかは確認できません。Diskpart コマンドで確認してください。

1. コマンド プロンプトを開き、diskpart を起動します。
2. list disk でディスクの一覧を表示し、EFI システム パーティションが存在するディスクを特定します。
3. select disk で EFI システム パーティションが存在するディスクを選択します。
4. list partition で選択したディスクのパーティション一覧を表示します。
5. select partition で EFI システム パーティションを選択します。
6. detail partition でパーティションのプロパティを表示し、"FS" の列でファイル システムを確認します。

<確認例>
=====================================================================================
Microsoft Windows [Version 6.3.9600]
(c) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Windows\System32>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 6.3.9600

Copyright (C) 1999-2013 Microsoft Corporation.
コンピューター: コンピュータ名

DISKPART> list disk

 ディスク 状態  サイズ 空き ダイナ GPT
 ###    ミック 
 ------------ ------------ ------ ------ ---  ---
 ディスク 0 オンライン 1676 GB 1024 *


DISKPART> select disk 0

ディスク 0 が選択されました。

DISKPART> list partition


 Partition ### Type  Size  Offset
 ------------- --------------- ------- -------
 Partition 1  回復  350 MB  1024 KB
 Partition 2 システム 100 MB 351 MB
 Partition 4 予約 128 MB 451 MB
 Partition 5 プライマリ 100 GB 579 MB
  プライマリ 1575 GB 101 GB

 

DISKPART> select partition 2


パーティション 2 が選択されました。

DISKPART> detail partition

パーティション 2
種類 : c12a7328-f81f-11d2-ba4b-00a0c93ec93b
隠し属性 : はい
必要 : いいえ
属性 : 0X8000000000000000
オフセット (バイト): 368050176


 Volume ### Ltr Label  Fs Type  Size Status Info
 ---------- --- ------------ ---- --- --------- ------ ----------- ------------
 * Volume 4    RAW Partition 100 MB 正常 システム

 

DISKPART>
=====================================================================================

◆ 解決方法

重要 : この資料にはレジストリ情報を変更する方法の情報が含まれます。レジストリに不適切な変更を加えると、システムの起動ができなくなるなどの深刻な影響を与える場合があります。手順を十分にご理解の上作業を行ってください。

 

P00000513 で問題を修正しています。以下ページより P00000513 をダウンロードして適用してください。UDP v6.5 では P00000513 が累積されており問題が修正されています。

FAT32 volume can't be recognized

<P00000513 適用手順>
=====================================================================================
※P00000513 は、UDP v6.0 Update なし、UDP v6.0 Update1、Update2、Update3 に対して適用可能です。

1. ダウンロードした P00000513.zip を Arcserve UDP Agent 上の任意のディレクトリで展開します。

2. P00000513.zip に含まれる afflt_p466.zip を展開します。

3. コマンド プロンプトを開き、afflt_p466 のディレクトリに移動します。

4. コマンド プロンプトで Install.cmd を実行し、適用します。

<実行形式>
Install.cmd "C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN"

※Install.cmd の後に Arcserve UDP Agent v6.0 のインストール フォルダ配下の BIN フォルダを指定します。
 上記は Arcserve UDP Agent v6.0 のデフォルト パスですが、インストール フォルダが異なる場合には変更します。

※コマンド プロンプト上での実行例は <Install.cmd 実行例> を参照ください。

5. レジストリ エディタを起動し、以下キー配下に DWORD 値 GFlags を作成して値を 1 に設定します。

キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\AFFlt
名前 : GFlags
種類 : DWORD
値 : 1

6. OS を再起動します。
  ※OS 再起動後の初回バックアップは検証に変換され、2 回目以降のバックアップから増分になります。

7. フル バックアップを取得します。=====================================================================================

[備考]
- P00000513 の適用後、初回バックアップは検証バックアップに変換されます。
- 重複排除データ ストアがバックアップ先として指定されている場合、検証バックアップはフル バックアップに変換されて動作します。
- P00000513 はWindows 2012 に対しても適用できます。※Windows 2012 環境では win2008_x64 フォルダのファイルが使用されます。
- P00000513 を適用した後にUDP v6.0 Update1 を適用した場合、再度 P00000513 を適用する必要があります。
- P00000513 を適用した後にUDP v6.0 Update2、UDP v6.0 Update3 を適用した場合でも、再度 P00000513 を適用する必要はありません。

<Install.cmd実行例>
=====================================================================================
Microsoft Windows [Version 6.3.9600]
(c) 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Windows\system32>cd C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P00000513\afflt_p466

C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P00000513\afflt_p466>
C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P00000513\afflt_p466>
C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P00000513\afflt_p466>Install.cmd "C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN"

Microsoft Windows [Version 6.3.9600]
[Current Folder] : C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P0
0000513\afflt_p466\
[Log Folder] : C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P0
0000513\afflt_p466\Logs
[Install Log] : C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P0
0000513\afflt_p466\Logs\install.log
[Uninstall Log] : C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P0
0000513\afflt_p466\Logs\unintall.log
[Fix Folder] : win2008_x64
[Driver Folder] : C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN
\DRIVER
[Driver Name] : AFFlt
[Driver Installer]: C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER\AFFltUtl.exe
[Backup Folder] : C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER\BACKUP
===========================
C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER\Afflt.sys -> C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER\BACKUP\Afflt.sys
1 個のファイルをコピーしました
C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER\Afflt.cat -> C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER\BACKUP\Afflt.cat
1 個のファイルをコピーしました
C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER\Afflt.inf -> C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER\BACKUP\Afflt.inf
1 個のファイルをコピーしました
Backup original drivers completes!
===========================
C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P00000513\afflt_p466\win2008_x64\AFFlt.sys -> C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER\AFFlt.sys
1 個のファイルをコピーしました
C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P00000513\afflt_p466\win2008_x64\afflt.cat -> C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine
\BIN\DRIVER\afflt.cat
1 個のファイルをコピーしました
C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P00000513\afflt_p466\win2008_x64\AFFlt.inf -> C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER\AFFlt.inf
1 個のファイルをコピーしました
Copy fix completes!
===========================
Service AFFlt before uninstall

SERVICE_NAME: AFFlt
  TYPE : 1 KERNEL_DRIVER  
  STATE : 4 RUNNING  
    (STOPPABLE, NOT_PAUSABLE, IGNORES_SHUTDOWN)  
  WIN32_EXIT_CODE : 0 (0x0)  
  SERVICE_EXIT_CODE : 0 (0x0)  
  CHECKPOINT : 0 0x0  
  WAIT_HINT : 0 0x0  


===========================
Uninstall original driver completes!
===========================
Service AFFlt after uninstall
[SC] EnumQueryServicesStatus:OpenService FAILED 1060:

指定されたサービスはインストールされたサービスとして存在しません。

===========================
Install fix driver completes!
===========================
Service AFFlt after install

SERVICE_NAME: AFFlt
  TYPE : 1 KERNEL_DRIVER  
  STATE : 4 RUNNING  
    (STOPPABLE, NOT_PAUSABLE, IGNORES_SHUTDOWN)  
  WIN32_EXIT_CODE : 0 (0x0)  
  SERVICE_EXIT_CODE : 0 (0x0)  
  CHECKPOINT : 0 0x0  
  WAIT_HINT : 0 0x0  


===========================
続行するには何かキーを押してください . . .

C:\Users\Administrator\Desktop\P00000513_public\P00000513\P00000513\afflt_p466>
=====================================================================================

◆ 関連情報
Arcserve UDP エージェント (Windows) v6.0 のエージェント ベース バックアップ開始直後にバックアップ対象マシンが強制終了する

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント