KB labels


Ticket Product Version

Ticket Category

Ticket Assignee


Hot Fixes

Published Fixes
Your Arcserve Support User Profile
First Name:
Last Name:
email:
Phone:
Company:*
Customer Type:
Language:

Country:
Region:

Time zone:
フォローする

arcserve-KB : Arcserve Unified Data Protection version 6.5 動作要件

Last Update: 2017-09-22 03:36:30 UTC

Arcserve Unified Data Protection version 6.5 動作要件

最終更新日 : 2017/09/22

Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows) version 6.5

  Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows)

  アプリケーション対応 (Agent for Windows)

  仮想環境対応 (Agent for Windows)

Arcserve Unified Data Protection Agent (Linux) version 6.5

  Backup Server - Linux

  Backup Client - Linux

  仮想環境対応 (Agent for Linux)

  Instant VM for Linux/Assured Recovery for Linux

  Amazon Web Services support for Linux

  Azure support for Linux

Arcserve Unified Data Protection Server version 6.5

  Unified Data Protection コンソール

  Unified Data Protection ゲートウェイ

  復旧ポイント サーバ

  Host-Based Agentless Backup

  Virtual Standby

  Instant VM for Windows

  Assured Recovery for Windows

  UNC Path Backup

Hardware Snapshots (Storage Arrays)

クラウド サポート

  ファイル コピー/アーカイブ

  復旧ポイントのコピー

  EC2 への Virtual Standby

  クラウドの仮想マシンで利用

Browser Support

脚注

Arcserve Unified Data Protection version 6.5 注意/制限事項

注意事項

本ソフトウェア利用にあたり、下記に記載されている OS (日本語版) およびアプリケーションのバージョン、サービス パック、累積パッチ (またはそれに順ずるもの) をサポート対象とします。最新の OS、アプリケーションへの対応状況については本ページの記載をもってお知らせとします。

Arcserve Unified Data Protection の Edition によって、利用可能な機能が異なります。 詳細はこちらを参照してください

その他の注意/制限事項については Arcserve Unified Data Protection version 6.5 注意/制限事項をご確認ください。


※以降文中では、Arcserve Unified Data Protection を Arcserve UDP と記します。

Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows) version 6.5

凡例 :
[ v ] SP なしの OS やアプリケーションをサポートします
[ x ] 未サポート/該当せず

Arcserve Unified Data Protection Agent (Windows)

CPU 1 GHz 以上 (Windows Server 2012 以降の場合は 1.4 GHz 以上) の Intel Xeon/Core/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ (日本マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)
メモリ 2 GB 以上
ディスク容量

・2.6 GB 以上のディスク空き容量が必要 (Update 1 インストール時)
- システム ドライブに約 1.1 GBの共有コンポーネントを含みます。

注 : インストール媒体によってインストール中の最大使用サイズが異なります。媒体に応じ必要な空き容量を確保してください。一時展開データはインストール後に自動削除されます。

1) DVD メディアからインストール
  約 4.7 GB 以上の空き容量 (一時展開データを含む)

2) Arcserve_Unified_Data_Protection_6.5_with_Update_1 からインストール
  約 13.8 GB 以上の空き容量 (インストーラと一時展開データを含む)

3) Arcserve_Unified_Data_Protection_Agent_Windows_6.5_with_Update_1 からインストール
  約 6.9 GB 以上の空き容量 (インストーラと一時展開データを含む)

4) Asdownloader 展開フォルダ内 setup.exe からエージェントをインストール
  約 13.8 GB 以上の空き容量 (インストーラと一時展開データを含む)

周辺機器 DVD ROM ドライブ (DVD からのインストールやベア メタル復旧に必要)
XGA (1024 x 768) 以上の解像度で表示できるビデオ アダプタとモニタ
インターネット ブラウザ Arcserve UDP Agent (Windows) GUI を使用するマシン (導入先サーバ、もしくはリモート操作を行う PC) に必要です。
詳細は [Browser Support] を参照してください。
Adobe Flash Player Adobe Flash Player 10 以降
※電子メール アラート機能で画像を含むレポートを送信する場合、Arcserve UDP コンソール もしくは Arcserve UDP Agent (Windows) がインストールされたコンピュータに必要です。
備考 上記ハードウェア要件は、Arcserve UDP Agent (Windows) がサポートする仮想マシンにも適用されます。

OS Release

Edition

Physical Machine

Supported Architecture/ServicePack Level

x86

x64

Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Web Server SP1, SP2 x
Storage Server (WSS) SP1, SP2 x
Windows 2003 R2 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Storage Server (WSS) v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise ※1 v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter ※1 v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v
Foundation Server x v(SP1), SP2
Storage Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Small Business Server (Standard Edition) x v(SP1), SP2
Small Business Server (Premium Edition) x v(SP1), SP2
Server Core v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise ※1 x v, SP1
Datacenter ※1 x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation Server x v, SP1
Storage Server (WSS) x v, SP1
Server Core x v, SP1
Small Business Server 2011 Essentials, Standard, Premium Add-on x v, SP1
Windows 2012 Standard ※1 x v
Datacenter ※1 x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2012 R2 Standard ※1 x v
Datacenter ※1 x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2016 ※2 Standard ※1 x v
Datacenter ※1 x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows Vista Ultimate SP1, SP2 SP1, SP2
Home Premium SP1, SP2 SP1, SP2
Home Basic SP1, SP2 SP1, SP2
Business SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 7 Starter v, SP1 x
Ultimate v, SP1 v, SP1
Professional v, SP1 v, SP1
Enterprise v, SP1 v, SP1
Home Premium v, SP1 v, SP1
Home Basic v, SP1 v, SP1
Windows 8 Basic v v
Pro v v
Enterprise v v
Windows 8.1 Basic v v
Pro v v
Enterprise v v
Windows 10 Home v v
Pro v v
Enterprise v v
Windows 10 IoT Enterprise 2016 Enterprise v v
その他

バックアップ設定で「圧縮なし」が選択されている場合、2 TB 以上のディスクにあるボリュームはバックアップできません。これは VHD ファイルの仕様によるためです。

※1 Active Directory のオブジェクト レベルでのリストアに対応します。
※2 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

アプリケーション対応 (Agent for Windows)

アプリケーションを保護する際に、追加となるハードウェア要件はありません。

Application version

OS Release Edition Physical Machine
Supported Architecture/ServicePack level
x86 x64

Microsoft Exchange

Exchange 2007 SP1, SP2, SP3
(LCR, CCR サポートを含む)
Windows 2003 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Windows 2003 R2 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Windows 2008 Standard x v(SP1), SP2
Enterprise x v(SP1), SP2
Datacenter x v(SP1), SP2
Small Business Server (SBS) Standard Edition x v(SP1), SP2
Small Business Server (SBS) Premium Edition x v(SP1), SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Exchange 2010, SP1, SP2
(DAG サポートを含む)
Windows 2008 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Small Business Server 2011 Standard x v
Exchange 2010 SP3
(DAG サポートを含む ※1)
Windows 2008 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Exchange 2013, SP1
(DAG サポートを含む ※1)
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Exchange 2016
(DAG サポートを含む ※1)
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Windows 2016 ※2 ※3 Standard x v
Datacenter x v
その他

・アプリケーションと OS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。
・Exchange Granular Restore (GRT) ユーティリティでサポートする Microsoft Exchange のバージョンについては技術情報 115002610826 (英文) で確認できます。最新版の GRT ユーティリティを利用する方法については、技術文書 214432466 を参照してください。

※1 DAG はクラスター管理アクセス ポイントなし (IP 割り当てなし) をサポートします。
※2 Windows 2016 で Exchange 2016 をサポートするには、Exchange 2016 CU2 以上が必要です。
※3 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

Microsoft SQL

SQL Server 2005, SP1, SP2, SP3, SP4
(データベース ミラーリング、ログ配布を含む)

(Workgroup, Express, Enterprise, Standard, Developer Edition)

Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Web Server SP1, SP2 x
Storage Server (WSS) SP1, SP2 x
Windows 2003 R2 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Storage Server (WSS) v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Foundation Server x v, SP1

SQL Server 2008, SP1, SP2, SP3, SP4, R2, R2 SP1, R2 SP2, R2 SP3
(データベース ミラーリング、ログ配布を含む)

(Workgroup, Express, Enterprise, Standard, Developer Edition)

Windows 2003 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server SP2 x
Storage Server (WSS) SP2 x
Windows 2003 R2 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Storage Server (WSS) SP2 SP2
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Small Business Server (SBS) Standard Edition x v(SP1), SP2
Small Business Server (SBS) Premium Edition v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation Server x v, SP1
Small Business Server 2011 Standard x v

SQL Server 2012, SP1, SP2, SP3
(データベース ミラーリング、ログ配布を含む)
(Express, Enterprise, Standard, Developer, Web, Business Intelligence Edition),

AlwaysOn Availability Group (AAG) をサポート ※1

Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Small Business Server (SBS) Standard Edition x SP2
Small Business Server (SBS) Premium Edition SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Foundation Server x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v

SQL Server 2014, SP1, SP2
(データベース ミラーリング、ログ配布を含む)

(Express, Enterprise, Standard, Developer, Web, Business Intelligence Edition),

AlwaysOn Availability Group (AAG) をサポート

Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Small Business Server (SBS) Standard Edition x SP2
Small Business Server (SBS) Premium Edition v(SP1), SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Foundation Server x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Windows 2016 ※2 Standard x v
Datacenter x v

SQL Server 2016, SP1
(データベース ミラーリング、ログ配布を含む)

(Express, Enterprise, Standard, Developer, Web, Business Intelligence Edition),

AlwaysOn Availability Group (AAG) をサポート

Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v, SP1
Foundation x v, SP1
Essentials x v, SP1
Windows 2012 R2 Standard x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Foundation x v, SP1
Essentials x v, SP1
Windows 2016 ※2 Standard x v, SP1
Datacenter x v, SP1
SQL Server 2005 Express Edition SP1, SP2 Windows Vista Ultimate SP1, SP2 SP1, SP2
Home Premium SP1, SP2 SP1, SP2
Home Basic SP1, SP2 SP1, SP2
Business SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
SQL Server 2005 Express Edition SP3, SP4 Windows Vista Ultimate SP1, SP2 SP1, SP2
Home Premium SP1, SP2 SP1, SP2
Home Basic SP1, SP2 SP1, SP2
Business SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 7 Ultimate v, SP1 v, SP1
Professional v, SP1 v, SP1
Enterprise v, SP1 v, SP1
SQL Server 2008 Express Edition SP1, SP2, SP3 Windows Vista Ultimate SP1, SP2 SP1, SP2
Home Premium SP1, SP2 SP1, SP2
Home Basic SP1, SP2 SP1, SP2
Business SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 7 Ultimate v, SP1 v, SP1
Professional v, SP1 v, SP1
Enterprise v, SP1 v, SP1
SQL Server 2008 R2, R2 SP1, R2 SP2 Express Edition Windows Vista Ultimate SP1, SP2 SP1, SP2
Home Premium SP1, SP2 SP1, SP2
Home Basic SP1, SP2 SP1, SP2
Business SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 7 Ultimate v, SP1 v, SP1
Professional v, SP1 v, SP1
Enterprise v, SP1 v, SP1
SQL Server 2012, SP1, SP2, SP3
Express Edition
Windows Vista Ultimate SP1, SP2 SP1, SP2
Home Premium SP1, SP2 SP1, SP2
Home Basic SP1, SP2 SP1, SP2
Business SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 7 Ultimate v, SP1 v, SP1
Professional v, SP1 v, SP1
Enterprise v, SP1 v, SP1
Windows 8 Basic v v
Pro v v
Enterprise v v
SQL Server 2014, SP1, SP2
Express Edition
Windows 7 Ultimate v, SP1 v, SP1
Professional v, SP1 v, SP1
Enterprise v, SP1 v, SP1
Windows 8 Basic v v
Pro v v
Enterprise v v
Windows 8.1 Basic v v
Pro v v
Enterprise v v
SQL Server 2016 Express Edition, SP1 Windows 8 Basic x v, SP1
Pro x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Windows 8.1 Basic x v, SP1
Pro x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Windows 10 Home x v, SP1
Professional x v, SP1
Enterprise x v, SP1
その他

アプリケーションと OS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。

※1 AlwaysOn Availability Group (AAG) 環境は、SQL Server 2012 SP2 からサポートします。
※2 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

SharePoint
SharePoint 2010 Windows Server 2008 Standard, Enterprise, Datacenter x SP2
Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter x SP1
SharePoint 2013 Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter x SP1
Windows Server 2012 Standard, Datacenter x v
SharePoint 2013 SP1 Windows Server 2012 R2 Standard, Datacenter x v
SharePoint 2016 Windows Server 2012 R2 Standard, Datacenter x v
Windows Server 2016 Standard, Datacenter x v
その他

アプリケーションと OS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。

Oracle
Oracle 11g R1 Windows Server 2008 Standard, Enterprise, Datacenter SP2 SP2
Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter x SP1
Oracle 11g R2 Windows 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter x v, SP1
Windows 2012 Standard, Enterprise, Datacenter x v
Windows 2012 R2 Standard, Enterprise, Datacenter x v
Oracle 12c R1 ※1 Windows 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter x v
Windows 2012 Standard, Enterprise, Datacenter x v
Windows 2012 R2 Standard, Enterprise, Datacenter x v
Oracle 12c R2 ※1 Windows 2012 R2 Standard, Enterprise, Datacenter x v
Windows 2016 Standard, Datacenter x v
その他

アプリケーションと OS の組み合わせは、日本オラクル株式会社に準じます。

※1 Oracle 12c R1/R2 の CDB (コンテナ・データベース) は未サポートです。

Microsoft Hyper-V ※1
Windows 2008 Hyper-V Standard x v(SP1), SP2
Enterprise x v(SP1), SP2
Datacenter x v(SP1), SP2
Server Core x v(SP1), SP2
Windows 2008 R2 Hyper-V Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Server Core x v, SP1
Windows Server 2012 Hyper-V
(クラスタ サポート ※2)
Standard x v
Datacenter x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V
(クラスタ サポート ※2)
Standard x v
Datacenter x v
Windows Server 2016 Hyper-V ※3
(クラスタ サポート ※2)
Standard x v
Datacenter x v
Microsoft Hyper-V Server 2008 N/A x v(SP1), SP2
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 N/A x v, SP1
Microsoft Hyper-V Server 2012 N/A x v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 N/A x v
Microsoft Hyper-V Server 2016 ※3 N/A x v
その他

※1 Arcserve UDP Agent (Windows) を Hyper-V ホストに導入する場合のサポート対象です。保護対象は、Hyper-V ホストおよび、日本マイクロソフト株式会社によって Hyper-V 環境でサポートされ、かつ物理環境で Arcserve UDP Agent (Windows) がサポートするゲスト OS です。
※2 CSV ボリュームのバックアップは未サポートです。
※3 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

Supported Proxy for Exchange Online (Office 365) Backup ※1
Windows 2008 R2
(.Net 4.0 以上のインストールが必要)
Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation x v, SP1
Storage Server (WSS) x v, SP1
Server Core x v, SP1
Small Business Server 2011 Essentials, Standard, Premium Add-on x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2016 ※2 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
その他 ※1 Exchange Online のバックアップ時にプロキシ (Arcserve UDP Agent (Windows)) として利用可能なサーバです。
※2 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

仮想環境対応 (Agent for Windows)

Arcserve UDP Agent (Windows) を仮想マシンに導入する場合、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Nutanix Acropolis (AHV)、Citrix XenServer、Redhat KVM、RHEV、CentOS 上 Xen Hypervisor の仮想システムをサポートします。

この場合、以下 3 つのサポート条件を満たす必要があります。

  1. OS
    - 上記仮想システム上で、仮想システム ベンダが仮想マシンとしてサポートする OS
  2. アプリケーション
    - 上記仮想システム上で、アプリケーション ベンダがサポートするアプリケーション
  3. Arcserve Unified Data Protection サポート
    - Arcserve UDP Agent (Windows) が物理マシン上でサポートする OS またはアプリケーション

Topに戻る

Arcserve Unified Data Protection Agent (Linux) version 6.5
凡例 :
[ v ] SP なしの OS やアプリケーションをサポートします
[ x ] 未サポート/該当せず

Backup Server - Linux

CPU 1 GHz 以上の Intel Xeon/Core ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
メモリ 2 GB 以上

ベア メタル復旧時の Live CD 動作に必要なメモリ
2 GB 以上
4 GB 以上 (CentOS ベースの Live CD 使用時)
ディスク容量 /opt、/tmp を含むボリュームに 約 5.8 GB 以上のディスク空き容量 (Update 1 インストール時)
※インストール完了後、ログ ファイルを除く一時展開データは自動的に削除されます。
周辺機器 ・DVD ROM ドライブ (DVD からのインストールやベア メタル復旧に必要)
・XGA (1024 x 768) 以上の解像度で表示できるビデオ アダプタとモニタ
インターネット ブラウザ Arcserve UDP Agent (Linux) GUI を使用するマシン (導入先サーバ、もしくはリモート操作を行う PC) に必要です。
詳細は [Browser Support] を参照してください。
前提ソフトウェア

・perl
・open-ssh (SSH Daemon)
・nfs-utils (NFS 共有をバックアップ先に使用する場合)
・cifs-utils (CIFS 共有/RPS をバックアップ先に使用する場合)

その他の前提条件はリリース ノートとユーザ ガイドでご確認ください。

備考 上記ハードウェア要件は、 Arcserve UDP Agent (Linux) がサポートする仮想マシンにも適用されます。
OS Release Edition Physical Machine
Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
RHEL 6.0 ~ 6.9 Server x v
RHEL 7.0 ~ 7.3 Server x v
CentOS 6.0 ~ 6.9 x v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 11, SP1, SP2, SP3, SP4 Server x v
SUSE Linux Enterprise Server 12, SP1, SP2 Server x v
Oracle Linux 6.0 ~ 6.9 (RHEL 互換のみ) x v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 (RHEL 互換のみ) x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
その他

・ファイル システムは Ext 2/3/4 、ReiserFS v3、XFS、Btrfs をサポートします。Btrfs 利用上の注意点についてはユーザ ガイドをご確認ください。

・Arcserve UDP Agent (Linux) を使用する場合、ノードを管理する Backup Server (Linux) が必要です。 インスタント VM 機能を使用する場合を除き、バックアップ対象の Linux サーバを Backup Server (Linux) として登録することが可能です。

Backup Client - Linux

CPU 1 GHz 以上の Intel Xeon/Core/Pentium/Celeron ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
メモリ 512 MB 以上

ベア メタル復旧時の Live CD 動作に必要なメモリ
2 GB 以上 (標準 Live CD 使用時 - スタンドアロンで WEB GUI から復旧する場合)
4 GB 以上 (CentOS ベースの Live CD 使用時)
ディスク容量

/tmp を含むボリュームに 300 MB 以上のディスク空き容量

前提ソフトウェア

・perl
・open-ssh (SSH Daemon)
・nfs-utils (NFS 共有をバックアップ先に使用する場合)
・cifs-utils (CIFS 共有/RPS をバックアップ先に使用する場合)

その他の前提条件はリリース ノートとユーザ ガイドでご確認ください。

OS Release Edition Physical Machine
Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
RHEL 5.0 ~ 5.11 Advanced Platform/Server v v
RHEL 6.0 ~ 6.9 Server v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 Server x v
CentOS 5.0 ~ 5.11 v v
CentOS 6.0 ~ 6.9 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
Oracle Enterprise Linux 5.5 ~ 5.11 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.0 ~ 6.4 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.5 ~ 6.9 ※1 v v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 ※1 x v
SUSE Linux Enterprise Server 10, SP1, SP2, SP3, SP4 Server v v
SUSE Linux Enterprise Server 11, SP1, SP2, SP3,SP4 Server v v
SUSE Linux Enterprise Server 12, SP1, SP2 Server x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
その他

・ファイル システムは Ext 2/3/4 、ReiserFS v3、XFS、Btrfs をサポートします。Btrfs 利用上の注意点についてはユーザ ガイドをご確認ください。

・Backup Server (Linux) をバックアップ対象とする場合、Backup Server (Linux) の動作要件が優先されます。

・バックアップ対象として uEFI ブート環境をサポートします。ただし、Hyper-V ゲストに復旧する場合、日本マイクロソフト株式会社によって uEFI ブートがサポートされる Hyper-V ゲスト OS に限ります。

・Arcserve UDP Agent (Linux) を使用する場合、ノードを管理する Backup Server (Linux) が必要です。 インスタント VM機能を使用する場合を除き、バックアップ対象の Linux サーバを Backup Server (Linux) として登録することが可能です。

※1 RHEL 互換カーネルと Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) の両方をサポートします。
  - UEK R3 x64 (64 ビットのみ)
  - UEK R4 x64 (64 ビットのみ)

仮想環境対応 (Agent for Linux)

Hypervisor (Guest OS のみ) Operating System Virtual Machine
Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
VMware ESX 4.x, 5.x, 6.0, 6.5 (Guest OS のみ) RHEL 5.0 ~ 5.11 v v
RHEL 6.0 ~ 6.9 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
CentOS 5.0 ~ 5.11 v v
CentOS 6.0 ~ 6.9 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
Oracle Enterprise Linux 5.5 ~ 5.11 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.0 ~ 6.4 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.5 ~ 6.9 ※1 v v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 ※1 v v
SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2 x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
Windows Server 2012 Hyper-V,
Windows Server 2012 R2 Hyper-V,
Windows Server 2016 Hyper-V ※2
(Guest OS のみ)
RHEL 5.9 ~ 5.11 v v
RHEL 6.4 ~ 6.9 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
CentOS 5.9 ~ 5.11 v v
CentOS 6.4 ~ 6.9 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
Oracle Linux 6.4 ~ 6.9 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 (RHEL 互換のみ) x v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2 x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
KVM (Guest OS のみ) RHEL 5.5 ~ 5.11 x v
RHEL 6.0 ~ 6.9 x v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
CentOS 5.5 ~ 5.11 x v
CentOS 6.0 ~ 6.9 x v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3, SP4 x v
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2 x v
Oracle Enterprise Linux 5.5 ~ 5.11 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.0 ~ 6.4 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.5 ~ 6.9 ※1 v v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 ※1 x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
Citrix XenServer 6.x (Guest OS のみ) RHEL 5.5 ~ 5.11 v v
RHEL 6.0 ~ 6.9 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
CentOS 5.5 ~ 5.11 v v
CentOS 6.0 ~ 6.9 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3 v v
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2 x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
Oracle VM Server 3.x (Guest OS のみ) Oracle Enterprise Linux 5.5 ~ 5.11 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.0 ~ 6.9 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 (RHEL 互換のみ) x v
RHEL 5.0 ~ 5.11 v v
RHEL 6.0 ~ 6.9 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
Nutanix Acropolis Hypervisor (AHV) (Guest OS のみ) RHEL 6.0 ~ 6.9 ※3 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
CentOS 6.0 ~ 6.9 ※3 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP2 ※4 x v
Oracle Linux 7.3 ※1 ※4 x v
その他

・ Backup Server (Linux) をバックアップ対象とする場合、Backup Server (Linux) の動作要件が優先されます。

・ Operating System の Edition は、Backup Server (Linux) および Backup Client (Linux) の動作要件に準じます。

・バックアップ対象として uEFI ブート環境をサポートします。ただし、Hyper-V ゲストに復旧する場合、日本マイクロソフト株式会社によって uEFI ブートがサポートされる Hyper-V ゲスト OS に限ります。

※1 RHEL 互換カーネルと Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) の両方をサポートします。
  - UEK R3 x64 (64 ビットのみ)
  - UEK R4 x64 (64 ビットのみ)
※2 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。
※3 nfs-utils.x86_64 1:1.2.3-54.el6 以上にアップデートする必要があります。
※4 Backup Client - Linux のみサポートします。 (Backup Server - Linux としてはサポート対象外です。)

Instant VM for Linux/Assured Recovery for Linux

Agent-Based Backup
Target Hypervisors Operating System Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
VMware ESX 5.x , 6.0 ※1 , 6.5 ※2 RHEL 5.0 ~ 5.11 v v
RHEL 6.0 ~ 6.9 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
CentOS 5.0 ~ 5.11 v v
CentOS 6.0 ~ 6.9 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
Oracle Enterprise Linux 5.5 ~ 5.11 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.0 ~ 6.4 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.5 ~ 6.9 ※3 v v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 ※3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2 x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
VMware vCenter Server および vCenter Server 5.x, , 6.0 ※1 , 6.5 ※2 RHEL 5.0 ~ 5.11 v v
RHEL 6.0 ~ 6.9 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
CentOS 5.0 ~ 5.11 v v
CentOS 6.0 ~ 6.9 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 v v
Oracle Enterprise Linux 5.5 ~ 5.11 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.0 ~ 6.4 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.5 ~ 6.9 ※3 v v
Oracle Linux 7.0~7.3 ※3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2 x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
Windows Server 2012 Hyper-V,
Windows Server 2012 R2 Hyper-V,
Windows Server 2016 Hyper-V ※4
(Guest OS のみ)
RHEL 5.9 ~ 5.11 v v
RHEL 6.4 ~ 6.9 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 v v
CentOS 5.9 ~ 5.11 v v
CentOS 6.4 ~ 6.9 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 v v
Oracle Linux 6.4 (RHEL互換のみ) v v
Oracle Linux 6.5 ~ 6.9 ※3 v v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 ※3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 12, SP1, SP2 x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
その他

・Operating System の Edition は、Backup Server (Linux) および Backup Client (Linux) の動作要件に準じます。

・バックアップ対象として uEFI ブート環境をサポートします。ただし、Hyper-V ゲストに復旧する場合、日本マイクロソフト株式会社によって uEFI ブートがサポートされる Hyper-V ゲスト OS に限ります。

※1 ESX 6.0 は、以下の適用環境でサポートします。
  - VMware ESXi 6.0, Patch Release ESXi600-201505001
  適用推奨パッチとしてこちらの技術文書も併せて参照してください。  
※2 ESX 6.5 環境での利用時は事前に注意/制限事項をご確認ください。
※3 RHEL 互換カーネルと Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) の両方をサポートします。
  - UEK R3 x64 (64ビットのみ)
  - UEK R4 x64 (64ビットのみ)
※4 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

Host Based Agentless Backup
Target Hypervisors Operating System Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
VMware ESX 5.0, Update1, Update2, Update3
VMware ESX 5.1, Update1, Update2, Update3
VMware ESX 5.5, Update1, Update2, Update3
VMware ESX 6.0, Update1, Update2 ※1
VMware ESX 6.5 ※2
RHEL 5.0 ~ 5.11 v v
RHEL 6.0 ~ 6.9 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
CentOS 5.0 ~ 5.11 v v
CentOS 6.0 ~ 6.9 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
Oracle Enterprise Linux 5.5 ~ 5.11 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.0 ~ 6.4 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.5 ~ 6.9 ※3 v v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 ※3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 10 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2 x v
Debian 8.0 ~ 8.8 v v
VMware vCenter Server および vCenter Server Appliance

VMware ESX 5.0, Update1, Update2, Update3
VMware ESX 5.1, Update1, Update2, Update3
VMware ESX 5.5, Update1, Update2, Update3
VMware ESX 6.0, Update1, Update2 ※1
VMware ESX 6.5 ※2
RHEL 5.0 ~ 5.11 v v
RHEL 6.0 ~ 6.9 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
CentOS 5.0 ~ 5.11 v v
CentOS 6.0 ~ 6.9 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
Oracle Enterprise Linux 5.5 ~ 5.11 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.0 ~ 6.4 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.5 ~ 6.9 ※3 v v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 ※3 v v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2 x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
Windows Server 2012 Hyper-V,
Windows Server 2012 R2 Hyper-V,
Windows Server 2016 Hyper-V ※4 (Guest OS のみ)
RHEL 5.9 ~ 5.11 v v
RHEL 6.4 ~ 6.9 v v
RHEL 7.0 ~ 7.3 x v
CentOS 5.9 ~ 5.11 v v
CentOS 6.4 ~ 6.9 v v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
Oracle Linux 6.4 (RHEL 互換のみ) v v
Oracle Linux 6.5 ~ 6.8 ※3 v v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 ※3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP2, SP3, SP4 v v
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1, SP2 x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
その他

・Operating System の Edition は、Backup Server (Linux) および Backup Client (Linux) の動作要件に準じます。

・バックアップ対象として uEFI ブート環境をサポートします。ただし、Hyper-V ゲストに復旧する場合、日本マイクロソフト株式会社によって uEFI ブートがサポートされる Hyper-V ゲスト OS に限ります。

・Agentless Backup では、異なるハイパーバイザでの Instant VM はサポートされていません。例えば、Hyper-V の仮想マシンをバックアップしたデータを利用して、VMware 上で Instant VM を起動させることはできません。

※1 ESX 6.0 は、以下の適用環境でサポートします。
  - VMware ESXi 6.0, Patch Release ESXi600-201505001
  適用推奨パッチとしてこちらの技術文書も併せて参照してください。  
※2 ESX 6.5 環境での利用時は事前に注意/制限事項をご確認ください。
※3 RHEL 互換カーネルと Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) の両方をサポートします。
  - UEK R3 x64 (64ビットのみ)
  - UEK R4 x64 (64ビットのみ)
※4 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

Amazon Web Services support for Linux

Support Backup to S3 of AWS - Backup Server
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
RHEL 7.0 ~ 7.3 Server x v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 12, SP1, SP2 Server x v
Backup Server on EC2
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
RHEL 7.0 ~ 7.3 Server x v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 12, SP1, SP2 Server x v
Backup Client on EC2
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
RHEL 5.5 ~ 5.11 Advanced Platform/Server x v
RHEL 6.1 ~ 6.8 Server x v
RHEL 7.0 ~ 7.3 Server x v
CentOS 5.5 ~ 5.11 x v
CentOS 6.1 ~ 6.8 x v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3, SP4 Server x v
SUSE Linux Enterprise Server 12, SP1, SP2 Server x v
Instant VM to EC2
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
RHEL 5.5 ~ 5.11 Advanced Platform/Server x v
RHEL 6.1 ~ 6.8 Server x v
RHEL 7.0 ~ 7.3 Server x v
CentOS 5.5 ~ 5.11 x v
CentOS 6.1 ~ 6.8 x v
CentOS 7.0 ~ 7.3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP1, SP2, SP3, SP4 Server x v
SUSE Linux Enterprise Server 12, SP1, SP2 Server x v
Oracle Linux 6.5 ~ 6.8 ※1 x v
Oracle Linux 7.0 ~ 7.3 ※1 x v
その他

・UEFIシステムへの Instant VM を、Rad Hat Enterprise Linux、CentOS、Oracle Linux でサポートします。
・SLES 12.X PV は未対応です。

※1 RHEL 互換カーネルと Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) の両方をサポートします。
  - UEK R3 x64 (64ビットのみ)
  - UEK R4 x64 (64ビットのみ)

Azure support for Linux

Backup Server on Azure
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
RHEL 7.1 ~ 7.3 Server x v
CentOS 7.1 ~ 7.3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 12, SP1, SP2 Server x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v
Backup Client on Azure
OS Release Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
RHEL 6.7 ~ 6.9 Server x v
RHEL 7.1 ~ 7.3 Server x v
CentOS 6.7 ~ 6.9 x v
CentOS 7.1 ~ 7.3 x v
SUSE Linux Enterprise Server 12, SP1, SP2 Server x v
Debian 8.0 ~ 8.8 x v

Topに戻る

Arcserve Unified Data Protection Server version 6.5

凡例 :
[ - ] バージョンに依存せずサポートします
[ v ] SP なしの OS やアプリケーションをサポートします
[ x ] 未サポート/該当せず
Unified Data Protection コンソール
CPU 1 GHz 以上の Intel Xeon/Core/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ (マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)
メモリ 8 GB 以上

注 : 復旧ポイント サーバと混在の場合は、復旧ポイント サーバのメモリ要件を上記に追加します。
ディスク容量

・コンソール単体インストールでは、約 9.1 GB 以上のディスク空き容量が必要 (Update 1 インストール時)
- システム ドライブに約 2.6 GBの共有コンポーネントを含みます。

注 : インストール媒体によってインストール中の最大使用サイズが異なります。媒体に応じ必要な空き容量を確保してください。一時展開データはインストール後に自動削除されます。

1) DVD メディアからインストール
  約 12.5 GB 以上の空き容量 (一時展開データを含む)

2) Arcserve_Unified_Data_Protection_6.5_with_Update_1 からインストール
  約 20 GB 以上の空き容量 (インストーラと一時展開データを含む)

3) Asdownloader 展開フォルダ内 setup.exe からインストール
  約 20.6 GB 以上の空き容量 (インストーラと一時展開データを含む)

ディスク容量 (フル インストール) ・フル インストールでは、約 11.2 GB 以上のディスク空き容量が必要 (Update 1 インストール時)
- システム ドライブに約 3.5 GBの共有コンポーネントを含みます。

注 : インストール媒体によってインストール中の最大使用サイズが異なります。媒体に応じ必要な空き容量を確保してください。一時展開データはインストール後に自動削除されます。

1) DVD メディアからフル インストール
  約 13.2 GB 以上の空き容量 (一時展開データを含む)

2) Arcserve_Unified_Data_Protection_6.5_with_Update_1 からフル インストール
  約 21.9 GB 以上の空き容量 (インストーラと一時展開データを含む)

3) Asdownloader 展開フォルダ内 setup.exe からフル インストール
  約 22.6 GB 以上の空き容量 (インストーラと一時展開データを含む)
周辺機器 DVD ROM ドライブ (DVD メディアからインストールする場合)
XGA (1024 X 768) 以上の解像度で表示できるビデオ アダプタとモニタ
インターネット ブラウザ Arcserve UDP の各製品を利用するマシン (導入サーバ、もしくはリモート操作を行う PC) に必要です。
詳細は [Browser Support] を参照してください。
Adobe Flash Player

Adobe Flash Player 10 以降
※電子メール アラート機能で画像を含むレポートを送信する場合、Arcserve UDP コンソール もしくは Arcserve UDP Agent (Windows) がインストールされたコンピュータに必要です。

OS Release Edition Physical Machine
Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation Server x v, SP1
Storage Server (WSS) x v, SP1
Small Business Server 2011 Standard x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Windows 2016 ※1 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Supported Database x86 x64
SQL Server 2008 Enterprise, Standard, Workgroup, Web, Compact, Developer SP1, SP2, SP3, SP4 SP1, SP2, SP3, SP4
SQL Server 2008 Express SP2, SP3 SP2, SP3
SQL Server 2008 R2 Enterprise, Standard, Workgroup, Web, Compact, Developer SP1, SP2, SP3 SP1, SP2, SP3
SQL Server 2008 R2 Express SP2 SP2
SQL Server 2012 Enterprise, Standard, Web, Business Intelligence, Developer SP1, SP2, SP3 SP1, SP2, SP3
SQL Server 2012 Express SP1, SP2, SP3 SP1, SP2, SP3
SQL Server 2014 Enterprise, Standard, Web, Business Intelligence, Developer v, SP1, SP2 v, SP1, SP2
SQL Server 2014 Express v, SP1, SP2 v, SP1, SP2
SQL Server 2016
Enterprise, Standard, Web, Business Intelligence, Developer
x v, SP1
SQL Server 2016
Express
x v, SP1
その他

・Arcserve UDP Server のデータベースとしてサポートされる Microsoft SQL Server は、SQL Server クラスタと可用性グループ構成のローカルおよびリモートいずれの接続もサポートします。

注 : 前述の要件に加えて、Arcserve UDP Server データベースに必要なディスク容量を考慮する必要があります。使用状況によっては、データベースのサイズは数ギガ バイトに達することもあります。Microsoft SQL Server に関する問題や修正パッチについては、日本マイクロソフト株式会社の情報をご確認ください。

・Arcserve UDP Server のデータベース照合順序は Japanese_CI_AS をサポートします。

※1 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

Unified Data Protection ゲートウェイ
OS Release Edition Physical Machine
Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation Server x v, SP1
Storage Server (WSS) x v, SP1
Small Business Server 2011 x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server x v
Windows 2016 ※1 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
その他 Arcserve UDP ゲートウェイを利用するには、Arcserve UDP コンソールと復旧ポイント サーバが必要です。インストール要件は、各コンポーネントの動作要件を合わせて参照してください。

※1 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。
復旧ポイント サーバ
CPU 推奨スペック: 2.7 GHz 4 論理プロセッサ以上
※Intel Xeon/Core/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
 
(マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)
メモリ

・重複排除機能を無効にした場合 : 8 GB 以上
・重複排除機能を有効にした場合 : 8 GB + バックアップ対象容量 1 TB あたり 1 GB 以上 (*)、最大 2.5 GB (ブロック サイズが 16 KBの場合)
 * ファイル サーバで重複排除率 60 %、圧縮削減率 30 %の場合
 ※メモリ使用量を抑える場合、ブロック サイズを大きくするか同サイズの SSD をご用意ください

注: Arcserve UDP コンソールと混在の場合は、Arcserve UDP コンソール のメモリ要件 (8 GB 以上) を上記に追加します。

ディスク容量

・復旧ポイント サーバのインストールでは、約 2.6 GB 以上のディスク空き容量が必要 (Update 1 インストール時)
- システム ドライブに約 1.1 GBの共有コンポーネントを含みます。

注 : インストール媒体によってインストール中の最大使用サイズが異なります。媒体に応じ必要な空き容量を確保してください。一時展開データはインストール後に自動削除されます。

1) DVD メディアからインストール
  約 4.6 GB 以上の空き容量 (一時展開データを含む)

2) Arcserve_Unified_Data_Protection_6.5_with_Update_1 からインストール
  約 13.7 GB 以上の空き容量 (インストーラと一時展開データを含む)

3) Asdownloader 展開フォルダ内 setup.exe からインストール
  約 14.1 GB 以上の空き容量 (インストーラと一時展開データを含む)

OS Release Edition Physical Machine
Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Web Server x SP1
Foundation Server x SP1
Storage Server (WSS) x SP1
Small Business Server 2011 Standard x SP1
Server Core x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2016 ※1 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
その他 復旧ポイント サーバには、Arcserve UDP Agent (Windows) が含まれます。

※1 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。
Host-Based Agentless Backup
Supported Hypervisors Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
VMware ESXi Server 5.0, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.0 ※1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.5 ※2 - -
VMware vCenter Server および vCenter Server Appliance
5.0, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.0 ※1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.5 ※2 - -
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Data Center x v, SP1
Server Core x v, SP1
Windows Server 2012 Hyper-V
(クラスタ サポート ※3)
Standard x v
Data Center x v
Server Core x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V
(クラスタ サポート ※3)
Standard x v
Data Center x v
Server Core x v
Windows 2016 Hyper-V ※4
(クラスタ サポート ※3)
Standard x v
Data Center x v
Server Core x v
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 N/A x v, SP1
Microsoft Hyper-V Server 2012 N/A x v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 N/A x v
Microsoft Hyper-V Server 2016 ※4 N/A x v
Supported Proxy Server for Host-Based Agentless Backup
CPU 推奨スペック: 4 論理プロセッサ以上
※Intel Xeon/Core/Atom ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサ
 
(マイクロソフト株式会社のハードウェア互換性リストに記載されているハードウェア)
メモリ

8 GB 以上を推奨

注 : Arcserve UDP Server もしくは復旧ポイント サーバと混在の場合は、 Arcserve UDP Server または復旧ポイント サーバのメモリ要件を上記に追加します。

OS Release Edition Physical Machine
Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
Windows 2003 R2 Standard x v(SP1), SP2
Enterprise x v(SP1), SP2
Datacenter x v(SP1), SP2
Storage Server (WSS) x v(SP1), SP2
Windows 2008 Standard x v(SP1), SP2
Enterprise x v(SP1), SP2
Datacenter x v(SP1), SP2
Web Server x v
Storage Server (WSS) x v(SP1), SP2
Server Core x v(SP1), SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation x v, SP1
Storage Server (WSS) x v, SP1
Server Core x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2016 ※4 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
その他

・Host-Based Agentless Backup は、Arcserve UDP コンソール の機能の一部です。

・Host-Based Agentless Backup の保護対象となる仮想マシンは、仮想システム ベンダがサポートする OS (すべての Edition、ServicePack を含む) をサポートします。

・保護対象が Arcserve UDP Agent (Windows) の動作要件に掲載している仮想 OS ・アプリケーションの場合、ファイル レベル リストアとアプリケーションの詳細レベル リストアをサポートします。(VMware vSphere の制限により、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 は除きます)

・Hyper-V 環境の仮想マシン上にあるアプリケーションの保護は、日本マイクロソフト株式会社の要件に準じます。

・Arcserve UDP は、有償ライセンスの ESXi 環境のみをサポートします。

※1 VMware ESX 6.0 は、以下の適用環境でサポートします。
  - VMware ESXi 6.0, Patch Release ESXi600-201505001
  適用推奨パッチとしてこちらの技術文書も併せて参照してください。  
※2 ESX 6.5 環境での利用時は事前に注意/制限事項をご確認ください。
※3 CSV ボリュームのバックアップは未サポートです。
※4 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

Virtual Standby (仮想スタンバイ VM の作成先)
Supported Hypervisors
Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
VMware ESXi Server 5.0, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.0 ※1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.5 ※2 - -
VMware vCenter Server
および vCenter Server Appliance
5.0, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.0 ※1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.5 ※2 - -
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Server Core x v, SP1
Windows Server 2012 Hyper-V Standard x v
Datacenter x v
Server Core x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V Standard x v
Datacenter x v
Server Core x v
Windows Server 2016 Hyper-V ※3 Standard x v
Datacenter x v
Server Core x v
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 N/A x v, SP1
Microsoft Hyper-V Server 2012 N/A x v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 N/A x v
Microsoft Hyper-V Server 2016 ※3 N/A x v
その他

・Unified Virtual Standby は、 Arcserve UDP コンソールの機能の一部です。

・Virtual Standby の保護対象は、Arcserve UDP Agent (Windows) の動作要件に準じます。ただし uEFI が有効な Hyper-V VM の対応は、リリース ノートを確認してください。

・Virtual Standby Monitor および Proxy は、 Arcserve UDP Agent (Windows) がインストールされたサーバです。 但し Foundation Server、Storage Server、Small Business Server (SBS) を除きます。

※1 VMware ESX 6.0 は、以下の適用環境でサポートします。
  - VMware ESXi 6.0, Patch Release ESXi600-201505001
  適用推奨パッチとしてこちらの技術文書も併せて参照してください。  
※2 ESX 6.5 環境での利用時は事前に注意/制限事項をご確認ください。
※3 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

Instant VM for Windows (インスタント VM の作成先)
Supported Hypervisors
Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
VMware ESXi Server 5.0, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.0 ※1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.5 ※2 - -
VMware vCenter Server
および vCenter Server Appliance
5.0, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.0 ※1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.5 ※2 - -
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Server Core x v, SP1
Windows Server 2012 Hyper-V Standard x v
Datacenter x v
Server Core x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V Standard x v
Datacenter x v
Server Core x v
Windows Server 2016 Hyper-V ※3 Standard x v
Datacenter x v
Server Core x v
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 N/A x v, SP1
Microsoft Hyper-V Server 2012 N/A x v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 N/A x v
Microsoft Hyper-V Server 2016 ※3 N/A x v
その他

・Instant VM は、Arcserve UDP Workstation Edition ではご利用いただけません。

・インスタント VM は、 Arcserve UDP コンソールの機能の一部です。

・インスタント VM の保護対象は、Arcserve UDP Agent (Windows) の動作要件に準じます。

・エージェントレスで保護された VM の復旧先として、同一ハイパーバイザへの復旧をサポートします。

・UEFI システムの AWS クラウドに対しインスタント VM で復旧する場合、Rad Hat Enterprise Linux、CentOS、Oracle Linux をサポートします。

※1 VMware ESX 6.0 は、以下の適用環境でサポートします。
  - VMware ESXi 6.0, Patch Release ESXi600-201505001
  適用推奨パッチとしてこちらの技術文書も併せて参照してください。  
※2 ESX 6.5 環境での利用時は事前に注意/制限事項をご確認ください。
※3 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

Assured Recovery for Windows
Supported Hypervisors
Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
VMware ESXi Server 5.0, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.0 ※1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.5 ※2 - -
VMware vCenter Server
および vCenter Server Appliance
5.0, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
5.5, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.0 ※1, Update 1, Update 2, Update 3 - -
6.5 ※2 - -
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Server Core x v, SP1
Windows Server 2012 Hyper-V Standard x v
Datacenter x v
Server Core x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V Standard x v
Datacenter x v
Server Core x v
Windows Server 2016 Hyper-V ※3 Standard x v
Datacenter x v
Server Core x v
Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 N/A x v, SP1
Microsoft Hyper-V Server 2012 N/A x v
Microsoft Hyper-V Server 2012 R2 N/A x v
Microsoft Hyper-V Server 2016 ※3 N/A x v
その他

※1 VMware ESX 6.0 は、以下の適用環境でサポートします。
  - VMware ESXi 6.0, Patch Release ESXi600-201505001
  適用推奨パッチとしてこちらの技術文書も併せて参照してください。  
※2 ESX 6.5 環境での利用時は事前に注意/制限事項をご確認ください。
※3 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

Supported Proxy for UNC Path Backup ※1
OS Release
Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation x v, SP1
Storage Server (WSS) x v, SP1
Server Core x v, SP1
Small Business Server 2011
Essentials, Standard, Premium Add-on
x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2016 ※2 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
その他

・共有フォルダ上のファイル/フォルダ名の文字コードは Shift-JIS、UTF-8 をサポートします。

※1 UNC パス (CIFS 共有) からバックアップする為のプロキシ (Arcserve UDP Agent (Windows)) として利用可能なサーバです。
※2 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。

Topに戻る

Hardware Snapshots (Storage Arrays)

Storage Array Vendor Edition VSS Hardware Provider
NetApp Data ONTAP 8.1 以降 (7-Mode、Cluster-Mode) VSS Hardware Providers と ONTAP OS の組み合わせは、ネットアップ株式会社に準じます。
SnapMirror は未サポートです。
Nimble Nimble Operating system running with version 2.3.6.1 以降 ・VSS Hardware Providers と Nimble Operating System との組み合わせは、Nimble Storage Japan 合同会社に準じます。
Kaminiario K2 Operating system version v5.6.0.35 以降 (KVSS version 2.0.5 と併用時) VSS Hardware Providers と K2 Operating system の組み合わせは、Kaminiario 社に準じます。
HPE 3PAR StoreServ HPE 3PAR StoreServ Operating System version 3.2.2 以降 VSS Hardware Providers と 3PAR StoreServ Operating system、及び RMC の組み合わせは、日本ヒューレット・パッカード株式会社に準じます。
HPE 3PAR StoreServ Operating System version 3.2.2 以降、HPE RMC version 2.0/3.0 ※1
その他 ・Windows と Hyper-V の環境で Hardware Snapshot を使用する場合、環境に応じて VSS Hardware Provider を以下にインストールします。
 - Arcserve UDP Agent (Windows)
 - Supported Proxy Server
 - Host-Based Agentless Backup の対応する Hyper-V Server

・サポート OS は各製品の動作要件に準じますが、サーバ OS にのみ対応します。クライアント OS は未サポートです。
 - Arcserve UDP Agent (Windows)
 - Proxy Server for Host-Based Agentless Backup
 - Hyper-V Server ホスト

・Hardware Snapshots は、Arcserve UDP Premium 以上のライセンスをご用意ください。Advanced、Workstation ではご利用いただけません。

※1 HPE 3PAR StoreServ を HPE RMC で管理する環境では、Vmware VM のホスト ベース エージェントレス バックアップをサポートします。

Topに戻る

クラウド サポート

凡例 :
[ - ] バージョンに依存せずサポートします
[ v ] SP なしの OS やアプリケーションをサポートします
[ x ] 未サポート/該当せず

クラウド サービス (ファイル コピー/アーカイブ) ※1

Cloud Provider Version
Amazon S3 -
Amazon S3 互換プロバイダ -
Microsoft Azure -
Eucalyptus 2.0, 2.0.2, 3.0, 3.1, 3.2, 3.4.1, 3.4.2
FUJITSU Partner Could Service for Microsoft Azure -
FUJITSU Cloud Service K5 -
ニフティ クラウド ストレージ -
Cloudn Object Storage -
Cloudian -
White Cloud Storage -
IIJ GIO -
Microsoft Azure Blob Storage (Cool/Hot) -
HGST Cloud -
その他 注意 :
Amazon S3 互換サービス利用時に、Amazon S3 で発生しない不具合の場合、Arcserve はベスト エフォートでのサポートまでを提供します。その場合、当該不具合の解消に至らずチケットをクローズする場合があります。

※1 Arcserve UDP Agent (Windows) 経由でバックアップされたボリューム上のソース ファイルのコピー/アーカイブをサポートします。
クラウド サービス (復旧ポイントのコピー)
Cloud Provider Version
Amazon S3 -
Amazon S3 互換プロバイダ -
Eucalyptus 2.0, 2.0.2, 3.0, 3.1, 3.2, 3.4.1, 3.4.2
Microsoft Azure -
Microsoft Azure 互換プロバイダ -
FUJITSU Partner Could Service for Microsoft Azure -
Microsoft Azure Blob Storage (Cool/Hot) -
その他 注意 :
Amazon S3 互換サービス利用時に、Amazon S3 で発生しない不具合の場合、Arcserve はベスト エフォートでのサポートまでを提供します。その場合、当該不具合の解消に至らずチケットをクローズする場合があります。
クラウド サービス (EC2 への Virtual Standby)
Support OS Release for VSB to EC2
Edition Supported Architecture/ServicePack Level
x86 x64
Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Web Server SP1, SP2 x
Storage Server (WSS) SP1, SP2 x
Windows 2003 R2 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Storage Server (WSS) v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v
Foundation Server x v(SP1), SP2
Storage Server (WSS) v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Small Business Server (SBS) Standard Edition x v(SP1), SP2
Small Business Server (SBS) Premium Edition x v(SP1), SP2
Server Core v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation Server x v, SP1
Storage Server (WSS) x v, SP1
Server Core x v, SP1
Small Business Server 2011
Essentials, Standard, Premium Add-on
x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Foundation x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
Windows 2016 ※1 Standard x v
Datacenter x v
Essentials x v
Storage Server (WSS) x v
Server Core x v
その他 ※1 Windows 2016 使用時の注意点については注意/制限事項を参照してください。
クラウド サービス (クラウドの仮想マシンで利用)
Arcserve UDP をクラウド コンピュータに導入する場合、以下の条件全てを満たすクラウド システム (IaaS/PaaS) をサポートします。

1. OS
- クラウド コンピュータ上でクラウド ベンダがサポートする OS とバージョン

2. アプリケーション
- クラウド コンピュータ上でアプリケーション ベンダがサポートするアプリケーションとバージョン

3. Arcserve Unified Data Protection サポート
- Arcserve UDP が物理マシン上でサポートする OS およびアプリケーションとバージョン

注意 :
物理マシンで発生しない不具合の場合、Arcserve はベスト エフォートでのサポートまでを提供します。その場合、当該不具合の解消に至らずチケットをクローズする場合があります。

ベンダー様による検証で動作確認が完了しているクラウド サービスをこちらで公開しています。

その他の留意事項 :
a. 復旧ポイント サーバを利用する場合は、次の TCP ポート番号をファイアーウォール設定から除外してください。
- 135, 445, 8014, 8015

b. Arcserve UDP コンソールにノードを追加するため、UAC を無効に設定してください。

c. ブート イメージのマウントをサポートするクラウド以外では、クラウド コンピュータのベア メタル復旧はサポートしません。


[クラウド ベンダー様へ]
弊社所定のテスト ケースはこちらからダウンロードいただけます。

検証の有無によるサポート内容に相違はありませんが、お客様に安心してご利用いただくために検証実施をお勧めします。

d. Arcserve UDP Agent (Linux) をご利用いただく場合、Linux 環境はパスワード認証方式に対応している必要があります。

Topに戻る

Browser Support
※Arcserve UDP Agent (Windows/Linux)、Arcserve UDP コンソール

Browser Version
Internet Explorer ※1
(全てのレンダリング モード)
9
10
11
Firefox (Agent for Windows、コンソールへの接続) 3.5.3 以降
Firefox (Agent for Linux への接続) 3.6.24 以降
Chrome (Agent for Windows、コンソールへの接続) 24.0.1312.56 以降
Chrome (Agent for Linux への接続) 27.0.1453 以降
Edge 20.10240.16384.0 以降
その他 ブラウザは全て日本語 Windows 版 (x86, x64) が対象となります。

※1 Internet Explorer のバージョンと OS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。

Topに戻る

脚注:
  1. 表中の「x64」は 日本 AMD 社 AMD 64 とインテル社 Intel 64 プロセッサを意味します。
  2. Arcserve UDP Agent (Windows/Linux) は uEFI ブート環境をサポートします。
  3. Arcserve UDP Agent (Windows) は FT Server をサポートしません。
  4. Arcserve UDP Agent (Linux) はクラスタ システム および FT Server をサポートしません。
  5. Arcserve UDP Agent (Linux) は UTF-8 に対応します。
  6. Xen ベースのハイパーバイザは、Hardware Virtual Machine (HVM) と、ParaVirtualization Virtual Machine (PVM) の両方をサポートします。
  7. Virtual Standby と Host-Based Agentless Backup、Instant VM は、特に記載のない限り、OS やアプリケーションのマイナー バージョンを サポートします。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント