フォローする

arcserve-KB : ウイルス スキャン ソフトの除外設定 (Arcserve UDP v6.x)

Last Update: 2018-01-17 01:28:33 UTC

◆ 概要
本文書では Arcserve Unified Data Protection (以降 Arcserve UDP) v6.x での、ウイルス スキャン ソフトの除外設定について記載します。
◆ 詳細内容
ウイルス スキャン ソフトウェアがインストールされている環境では、Arcserve UDP v6.x のプロセスが動作する際にもスキャンが実施されるため、バックアップ スループットが低下する場合があります。本文書では Arcserve UDP v6.x での、スループット改善のための方法を記載します。
◆ 解決方法
方法 1:ウイルス スキャン ソフトウェアを最新にアップデートする。ウイルス スキャン ソフトウェアのプログラムのアップデート、およびシグネチャ/パターン ファイルのアップデートにより改善する場合があります。

方法 2:Arcserve UDP v6.x のプロセス (実行ファイル) やドライバを、ウイルス スキャン ソフトウェアのオンライン スキャンのスキャン対象から除外する。ウイルス スキャン ソフトウェアの除外設定に、Arcserve UDP v6.x のプロセス、ドライバを登録します。

 

<プロセス リスト>

Arcserve UDP 6.0/Arcserve UDP 6.5 共通

C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN

AbortVMPrePostCmd.exe
AFArchive.exe
AFBackend.exe
AFD2DMonitor.exe
AgPkiMon.exe
AFUtil.exe
ARCCentralAppMgrUtility.exe
ArcDrvInstall.exe
ArchiveStubFileViewer.exe
CatalogGenerator.exe
CCIConfigSettings.exe
CmdUtil.exe
ConfigUtil.exe
DRInfo.exe
ExecVMPrePostCmd.exe
GetAppDataSize.exe
GetApplicationDetails.exe
GetApplicationDetails64.exe
GetVolumeDetails.exe
GetVolumeDetails64.exe
GrtUtility.exe
HATransClient.exe
HATransExeOper.exe
HATransServer.exe
HyperVBackupStub.exe
HyperVCBTModuleDeploy.exe
HyperVRestoreStub.exe
MergeMgr.exe
PostUtil.exe
PurgeExchangeLogs.exe
PurgeSqlLogs.exe
RPSReplication.exe
ShProvd.exe
VCMUpgrade.exe
VixAbortVMPrePostCmd.exe
VixDrInfo.exe
VixExecVMPrePostCmd.exe
VixGetAppDataSize.exe
VixGetApplicationDetails.exe
VixPurgeExchangeLogs.exe
VixPurgeSqlLogs.exe
vmwareJob.exe

C:\Program Files (x86)\Arcserve\SharedComponents\Arcserve Unified Data Protection\Setup

SetupFW.exe
Uninstall.exe

C:\Program Files (x86)\Arcserve\SharedComponents\CA_LIC

CAminfo.exe
CAregit.exe
ErrBox.exe
lic98log.exe
lic98Service.exe
lic98version.exe
LicDebug.exe
LicRCmd.exe
LogWatNT.exe
mergecalic.exe
mergeolf.exe

Arcserve UDP 6.0

C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\TOMCAT\bin

Tomcat8.exe

C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\TOMCAT\JRE\bin

java.exe
java-rmi.exe
javaw.exe
keytool.exe
rmid.exe
rmiregistry.exe

Arcserve UDP 6.5

C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Common\Tomcat\bin

Tomcat8.exe

C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Common\JRE\bin

java.exe
java-rmi.exe
javaw.exe
keytool.exe
rmid.exe
rmiregistry.exe

 

<ドライバ リスト>

Arcserve UDP 6.0

C:\Windows\System32\drivers

AFFlt.sys
AFStorHBA.sys

C:\Windows\System32\drivers\UMDF

AFStorHBATramp.dll

Arcserve UDP 6.5

C:\Windows\System32\drivers

AFFlt.sys

C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN\DRIVER

afvolmgmt.sys

C:\Program Files\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\BIN

AFMntExec.exe

 

その他、Arcserve UDP v6.x のインストール フォルダ、バックアップ デスティネーション フォルダ、復旧ポイントのデスティネーション フォルダ、コピー デスティネーション フォルダもスキャン対象から除外することをお勧めします。
◆ 関連情報
ウィルス スキャン ソフトの除外設定について

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント