KB labels


Ticket Product Version

Ticket Category

Ticket Assignee


Hot Fixes

Published Fixes
Your Arcserve Support User Profile
First Name:
Last Name:
email:
Phone:
Company:*
Customer Type:
Language:

Country:
Region:

Time zone:
フォローする

arcserve-KB : ノードの重複が警告される

Last Update: 2017-02-27 09:02:04 UTC

◆ 概要

本文書では UDP コンソールに UDP エージェント ノードの登録が重複した旨の警告が発生する現象について説明します。

◆ 詳細内容

UDP エージェント環境の複製/クローニングなどを行った環境を、UDP コンソールのリソースに追加した場合、ノードの重複を警告する下記のメッセージが出力されます。

メッセージ例

"警告","YYYY/MM/DD 次のノードは重複しています: XXX(ホスト名)。その結果、エージェント ID が同じため。予期しない結果が発生する可能性があります。この重複するノードの問題は、ノードが別のノード名 (DNS 名または IP アドレス) を使用して追加されたか、別のマシンからのクローニングで一部のマシンがセットアップされた場合に発生する場合があります。"


上記メッセージが出力された場合、重複が検出されたノードにおいて、バックアップが行われない、ログの更新が行われないなど、予期せぬ結果を招く恐れがあります。

◆ 解決方法

重要:この資料にはレジストリ情報を変更する方法の情報が含まれます。レジストリに不適切な変更を加えると、システムの起動ができなくなるなどの深刻な影響を与える場合があります。手順を十分にご理解の上作業を行ってください。

 

ノードの ID を新規作成し、ノードの重複状態を解消してください。
ノード ID は下記レジストリに格納されています。

<v5.0 環境>
レジストリキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\CA\ARCserve Unified Data Protection\Engine\

レジストリ値: NodeID

<v6.x 環境>
レジストリキー:  HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Arcserve\Unified Data Protection\Engine\

レジストリ値: NodeID

解消手順

1.上記レジストリ値(NodeID)を重複をしていることが検出された UDP エージェント ノードからレジストリ値(NodeID)ごと削除します。

2.arcserve UDP エージェント サービスを再起動します。

上記作業により、NodeID がユニークな新規の ID へと変更されます。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント