フォローする

arcserve-KB : Arcserve Backup r16.5 SP1 for Windows (RO69280) 適用手順

Last Update: 2017-05-25 06:09:20 UTC
◆ 旧文書番号
021012764
 
◆ 概要

本サービス パックにより、以下の製品に対する既知の問題が修正されます。
- Arcserve Backup r16.5 for Windows (ビルド 7106 )
(上記及びそれ以前のバージョンの既知の修正項目)

適用対象製品および既知の問題については、以下を参照してください。
Arcserve Backup for Windows r16.5 Readme 


<注意事項>

  1. インストール要件
    本サービス パックをインストールするための前提条件は、製品動作要件 に含まれる正規製品 (以降 Arcserve Backup と表記) がインストールされていることです。このサービス パックではそれ以前のバージョンの、Arcserve Backup からシステムを更新することはサポートされません。 Arcserve Backup r16.5 より前のリリースから Arcserve Backup r16.5 SP1 にアップグレードする場合は、アップグレード版もしくは製品の購入が必要となります。
  2. 惨事復旧
    本サービス パック適用環境で OS メディアを使用し、Bootable CD 方式で惨事復旧を行う場合、惨事復旧実行中に最新モジュールを置きかえるために以下の手順を実行する必要があります。
    1. サービス パック適用後、Arcserve マネージャから [クイックスタート(Q)] - [ユーティリティ(U)] - [ブートキットウィザード(O)] を起動して、[CA ARCserve Backup DR CD/DVD] を選択しウィザードを実行します。これにより惨事復旧用に、最新の Arcserve モジュールが含まれた iso イメージが作成されます。
    2. 作成された iso イメージを元にメディアを作成します。
    3. 惨事復旧中に CA ARCserve Backup DVD-ROM の挿入が促されます。手順 2.で作成したメディアを挿入して惨事復旧処理を継続してください。
  3. ダウンロード
    環境によってはダウンロードに時間がかかることがあります。ダウンロードを行なう際は、高速なインターネット接続環境を使用することをお勧めします。
  4. 関連修正モジュール
    本 Arcserve Backup r16.5 SP1 for Windows (RO69280) 適用環境後、Arcserve Backup r16.5 SP1 対応累積修正モジュール (RO70938) を併せて適用すること強く推奨します。

メディア内容の説明

AB_16_5_1_DVS_JPN.iso
MD5チェックサム値 : 8DE7931467E90610469A333A1B29CCE9
AB_16_5_1_DVS_JPN.zip
MD5チェックサム値 : D183C2BC23E8547AAD88C364469F32E4
(Arcserve Backup のサーバ、マネージャ コンポーネントおよび各種のオプション、エージェント製品)

事前準備

上記必要な iso イメージ ファイルをダウンロードし、それらのファイルを DVD-R/RW などの書き込み可能メディアに書き込みインストール メディアを準備してください。
(zip 版の場合は不要です)

インストール

以下の手順で操作し、本サービス パックをインストールします。

  1. Arcserve Backup サービスをすべて停止します。

    ※Arcserve Backup インストール フォルダ配下の cstop.bat を実行します。

  2. 事前に準備したインストール メディアを DVD ドライブに挿入し、インストールメディア内の setup.exe を実行します。
  3. 既存でインストールされている Arcserve 製品については自動で検出され、アップグレード対象の製品がインストール ウィザードに表示されます。画面の指示に従いインストールを実施してください。
  4. 必要なコンポーネントのアップデート終了後、インストールが完了します。
    通常の場合、ここでインストールは完了です。Image Option、Agent for Open Files for Windows など、既にインストールされたコンポーネントによってはシステムの再起動が要求される場合があります。ポップアップが表示された場合は画面の指示に従い、システムを再起動してください。
  5. インストールの完了後、上記 1. で停止したサービスを起動します。

    Arcserve Backup インストール フォルダ配下の cstart.bat を実行します。

    Arcserve Backup インストールフォルダのデフォルトパスは以下の通りです。

    x86: C:\Program Files\CA\ARCserve Backup
    x64: C:\Program Files (x86)\CA\ARCserve Backup

  • Arcserve Backup r16.5 SP1 for Windows のインストールが完了すると、製品ビルドが Build 7222 に変更されます。

ダウンロード
AB_16_5_1_DVS_JPN.iso
AB_16_5_1_DVS_JPN.zip


 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント