フォローする

arcserve-KB : Agent for Microsoft Exchange Server が Microsoft Exchange Server 2007, 2010, 2013 を使用する際に必要とする MAPI と CDO ソフトウェア パッケージのバージョン

Last Update: 2017-03-03 09:57:40 UTC

◆ 旧文書番号
021012442
◆ 概要
本文書では、Agent for Microsoft Exchange Server が Microsoft Exchange Server 2007,2010,2013 を使用する際に必要とする Microsoft Exchange Server MAPI クライアントおよび CDO ソフトウェア パッケージのバージョンについて説明します。
◆ 詳細内容
Agent for Microsoft Exchange は、ドキュメント レベルのバックアップとリストアの正常動作に、Microsoft Exchange Server MAPI クライアントおよび  CDO ソフトウェア パッケージのバージョン 1.2.1 ビルド 6.5.8147.0 以上を必要とします。

権限の詳細を入力したにもかかわらず、Microsoft Exchange Server のブラウズがドキュメント レベルのデータベース オブジェクトで失敗する場合は、Microsoft Exchange Server MAPI クライアントおよび CDO ソフトウェア パッケージの現バージョンをアンインストールしてから、最新のバージョンをインストールしなおしてください。
◆ 関連情報
このドキュメントは以下のナレッジベースを翻訳し、加筆したものです。
TITLE : What version of Mapi and CDO software package does the agent for Microsoft Exchange require for Microsoft Exchange 2010

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント