フォローする

arcserve-KB : Virtual Disk Development Kit (VDDK) の適用手順

Last Update: 2016-02-26 06:09:41 UTC

 ◆ 旧文書番号
021012676
◆ 概要
本文書では、ヴイエムウェア株式会社からダウンロードした Virtual Disk Development Kit (VDDK)を バックアップ プロキシ サーバに適用する手順を説明します。
◆ 詳細内容
Arcserve Backup r16.5、および r16 の Agent for Virtual Machines は、それぞれ以下のバージョンの VDDK を同梱しています。動作要件に記載された他のバージョンの VDDK を手動で適用し使用する場合は、[手順]に記載の手順を実行してください。

Arcserve Backup バージョン, ビルド 同梱する VDDK バージョン
r16.5 SP1 (Build 7222) 5.5.1 ※※
r16.5 (Build 7106) 5.1
r16.1 (r16 SP1) (Build 6838) 5.0 ※
r16 (Build 6732) 1.2.1

※r16.5 の Agent for Agent for Virtual Machines がインストールされたバックアップ プロキシ サーバに SP1 を適用した場合、VDDK は 5.5.1 にアップグレードされます。
※※ r16.0 の Agent for Agent for Virtual Machines がインストールされたバックアップ プロキシ サーバに SP1 を適用した場合、VDDK は 5.0 にアップグレードされます。

◆ 手順
重要 : この技術情報にはレジストリ情報の編集が含まれます。レジストリに不適切な変更を加えると、システムの起動ができなくなるなどの深刻な影響を与える場合があります。手順を十分にご理解の上、作業を行ってください。また、変更する前にレジストリのバックアップを実施することを強く推奨致します。レジストリのバックアップ及び復元の方法については、Microsoft 社技術情報サイトでご確認ください。

また既にヴイエムウェア株式会社からダウンロードした VDDK を導入済みの場合、以下手順の 1. を実行する際に VDDK のアンインストールが要求されます。事前に導入済みの VDDK を[コントロール パネル] - [プログラムのアンインストール]を使用しアンインストールしてください。

<VDDK 5.1 以前のバージョンの場合>
1. ヴイエムウェア株式会社からダウンロードした VDDK をバックアップ プロキシ サーバに インストールします。
x64 環境へインストールする場合、64 ビットの Windows オペレーティング システムに VDDK をインストールする方法も参照してください。

2. レジストリ エディタを起動します。

3. 以下のレジストリ キーを選択します。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥Software¥ComputerAssociates¥CA ARCserve Backup ¥ClientAgent¥Parameters¥VDDKDirectory

4. [VDDKDirectory]キーの[値のデータ]フィールドを、VDDK のインストール先に変更します。
*VDDK のデフォルトのインストール先
[x86 環境]
C:¥Program Files¥VMware¥VMware Virtual Disk Development Kit
[x64 環境]
C:¥Program Files (x86)¥VMware¥VMware Virtual Disk Development Kit

5.レジストリ エディタを終了します。

<VDDK 5.5 の場合>
1. ヴイエムウェア株式会社から VDDK 5.5 をダウンロードします。

2. ダウンロードした VDDK 5.5 を任意の場所に解凍します。

3. 以下のパス配下に"VMware"フォルダを作成します。
※ 既存の"VMware"フォルダがある場合は手順4へ進んでください
C:¥Program Files

4. "VMware"フォルダ配下に任意の名前で新規フォルダを作成します。
例 C:¥Program Files¥VMware¥VDDK55

5. 手順4で作成したフォルダに手順2で解凍した全ファイル (ファイル / フォルダ) をコピーします。

6. vstor2uninstall.bat vstor2install.bat の順でバッチファイルを実行します。

C:¥Program Files¥VMware¥VDDK55¥bin¥vstor2uninstall.bat
C:¥Program Files¥VMware¥VDDK55¥bin¥vstor2install.bat

7. レジストリ エディタを起動します。

8. 以下のレジストリ キーを選択します。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥Software¥ComputerAssociates¥CA ARCserve Backup¥ClientAgent¥Parameters¥VDDKDirectory

9 .[VDDKDirectory]キーの[値のデータ]フィールドを手順4で作成したVDDK のインストール先に変更します。
例 C:¥Program Files¥VMware¥VDDK55

10.レジストリ エディタを終了します。

◆ 関連情報
Arcserve Backup Agent for Virtual Machines の VDDK 5.1.1 サポート
64 ビットの Windows オペレーティング システムに VDDK をインストールする方法

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント