KB labels


Ticket Product Version

Ticket Category

Ticket Assignee


Hot Fixes

Published Fixes
Your Arcserve Support User Profile
First Name:
Last Name:
email:
Phone:
Company:*
Customer Type:
Language:

Country:
Region:

Time zone:
フォローする

arcserve-KB : Arcserve Replication/High Availability r16.5 for Windows 動作要件

Last Update: 2017-07-26 03:09:05 UTC

Arcserve Replication/High Availability r16.5 for Windows 動作要件

最終更新日 : 2017/07/26


前提事項:

  • 64 bit (x64) の表記は以下を意味します。

- Advanced Micro Device 社製 AMD 64
- Intel 社製 Intel 64 プロセッサ
* IA-64 (Intel Architecture 64) Itanium および Itanium 2 プロセッサでは使用できません。

  • ハイ アベイラビリティ (HA) シナリオによるスイッチオーバーは、マスタ サーバおよびレプリカ サーバのいずれかが Windows ドメイン コントローラ (DC) または DNS サーバの場合には使用できません。この場合には データ レプリケーション (DR) シナリオを使用します。
  • Arcserve Replication/High Availability の略称として Arcserve RHA と表記しています。
  • コントロール サービスの動作要件はコントロール サービス シナリオの動作要件を参照してください。Windows Server 2016 にインストールする場合は、ファイル サーバ シナリオの Windows Server 2016 の要件を参照してください。

動作スペック

インターネットブラウザ

ファイル サーバ シナリオ

Microsoft Exchange Server シナリオ

Microsoft SQL Server シナリオ

Oracle Database シナリオ

Microsoft IIS Server シナリオ

VMware vCenter Server シナリオ

Arcserve RHA コントロール サービス シナリオ

Microsoft Hyper-V シナリオ

仮想環境 (ゲスト OS)

クラウド サポート

脚注

Arcserve Replication/High Availability r16.5 for Windows 注意/制限事項


動作スペック
ハードウェア [Arcserve RHA エンジン および Arcserve RHA コントロール サービス]
1 GHz 以上の Intel Xeon/Pentium/Celeron ファミリ、あるいは互換性のあるプロセッサを推奨
メモリ [Arcserve RHA エンジン]
32 bit の場合 : 512 MB 以上推奨
64 bit の場合 : 1 GB 以上推奨

[Arcserve RHA コントロール サービス]
1 GB 以上推奨
ディスク容量 コンポーネント別 Arcserve RHA エンジン : 100 MB 以上のディスク空き容量
Arcserve RHA コントロール サービス : 2 GB 以上のディスク空き容量
Arcserve RHA マネージャ : 50 MB 以上のディスク空き容量
Arcserve RHA PowerShell : 30 MB 以上のディスク空き容量
スプール領域 複製対象のデータ サイズと比較し 10 % 以上のディスク空き容量
周辺機器 ・ DVD ROM ドライブ (DVD からのインストールに必要)
・ XGA (1024 x 768) 以上の解像度で表示できるビデオ アダプタとモニタ
※ Arcserve RHA マネージャを利用するマシン (Arcserve RHA の管理を行うサーバもしくは PC) に必要

Topに戻る


インターネット ブラウザ
Browser Version
Internet Explorer 6 SP2 10
7 10
8
9
10
11 9
備考 Arcserve RHA マネージャを利用するマシン (Arcserve RHA の管理を行うサーバもしくは PC) に必要

Topに戻る


凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポート
  [ x ] サポート対象外
OS Release OS Edition Supported Architecture/Service Pack Level
x86 x64
ファイル サーバ
Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Storage Server (WSS) b
(Express, Workgroup, Standard, Enterprise)
SP1, SP2 x
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Cluster Server SP1, SP2 SP1, SP2
Small Business Server 1 SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 2003 R2 Standard v, SP2 v, SP2
Enterprise v, SP2 v, SP2
Storage Server (WSS) b
(Express, Workgroup, Standard, Enterprise)
SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter v, SP2 v, SP2
Cluster Server v, SP2 v, SP2
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Foundation Server 1 v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Storage Server (WSS) b
(Basic, Workgroup, Standard, Enterprise)
v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Failover Cluster Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Small Business Server 1 SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation Server 1 x v, SP1
Storage Server (WSS) b
(Workgroup, Standard, Enterprise)
x v, SP1
Small Business Server 2011 1 x v, SP1
Failover Cluster Server x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Essentials 1 x v
Foundation 1 x v
Storage Server (WSS) b
(Workgroup, Standard)
x v
Failover Cluster Server x v
Windows 2012 R2 9 Standard x v
Datacenter x v
Essentials 1 x v
Foundation 1 x v
Storage Server (WSS) b
(Workgroup, Standard)
x v
Failover Cluster Server x v
Windows 2016 20 Standard x v
Datacenter x v
Essentials 1 x v
Storage Server (WSS) b
(Workgroup, Standard)
x v
Failover Cluster Server g x v

Topに戻る


凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポート
  [ x ] サポート対象外
Application Version OS Release OS Edition Supported Architecture/Service Pack Level
x86 x64
Microsoft Exchange Server
Exchange 2003 SP1, SP2 7, 10 Windows 2003 Standard SP1, SP2 x
Enterprise SP1, SP2 x
Datacenter SP1, SP2 x
Cluster Server SP1, SP2 x
Windows 2003 R2 Standard v, SP2 x
Enterprise v, SP2 x
Datacenter v, SP2 x
Cluster Server v, SP2 x
Exchange 2007 SP1 7 Windows 2003 Standard x SP1, SP2
Enterprise x SP1, SP2
Datacenter x SP1, SP2
Cluster Server x SP1, SP2
Windows 2003 R2 Standard x v, SP2
Enterprise x v, SP2
Datacenter x v, SP2
Cluster Server x v, SP2
Windows 2008 Standard x v(SP1), SP2
Enterprise x v(SP1), SP2
Datacenter x v(SP1), SP2
Cluster Server x v(SP1), SP2
Small Business Server 1 x SP2
Exchange 2007 SP2 7 Windows 2003 Standard x SP1, SP2
Enterprise x SP1, SP2
Datacenter x SP1, SP2
Cluster Server x SP1, SP2
Windows 2003 R2 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Cluster Server x SP2
Windows 2008 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Cluster Server x SP2
Small Business Server 1 x SP2
Exchange 2007 SP3 7 Windows 2003 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Cluster Server x SP2
Windows 2003 R2 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Cluster Server x SP2
Windows 2008 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Cluster Server x SP2
Small Business Server 1 x SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Cluster Server x v, SP1
Exchange 2010, SP1, SP2, SP3 7 Windows 2008 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Cluster Server x SP2
Small Business Server 1 x SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Cluster Server x v, SP1
Exchange 2010 SP3 4, 7 Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Exchange 2013 4, 7, SP1 9 Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows 2012 R2 13 Standard x v
Datacenter x v
備考 ・ アプリケーションと OS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。

Topに戻る


凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポート
  [ x ] サポート対象外
Application Version OS Release OS Edition Supported Architecture/Service Pack Level
x86 x64
Microsoft SQL Server
SQL Server 2005 SP1, SP2, SP3, SP4 Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Cluster Server SP1, SP2 SP1, SP2
Small Business Server 1 SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 2003 R2 Standard v, SP2 v, SP2
Enterprise v, SP2 v, SP2
Datacenter v, SP2 v, SP2
Cluster Server v, SP2 v, SP2
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Storage Server (WSS) v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Cluster Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Small Business Server 1 SP2 SP2
SQL Server 2005 SP3, SP4 Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Cluster Server x v, SP1
SQL Server 2008, SP1, SP2, SP3, SP4 16 Windows 2003 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Cluster Server SP2 SP2
Small Business Server 1 SP2 SP1, SP2
Windows 2003 R2 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Cluster Server SP2 SP2
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Foundation Server 1 x v(SP1), SP2
Cluster Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Small Business Server 1 SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation Server 1 x v, SP1
Cluster Server x v, SP1
SQL Server 2008 SP3, SP4 16 Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
SQL Server 2008 R2, R2 SP1 Windows 2003 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Cluster Server SP2 SP2
Small Business Server 1 SP2 SP1, SP2
Windows 2003 R2 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Cluster Server SP2 SP2
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Foundation Server 1 SP2 SP2
Cluster Server SP2 SP2
Small Business Server 1 SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation Server 1 x v, SP1
Cluster Server x v, SP1
SQL Server 2008 R2 SP2, R2 SP3 16 Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Web Server SP2 SP2
Foundation Server 1 SP2 SP2
Cluster Server SP2 SP2
Small Business Server 1 SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation Server 1 x v, SP1
Cluster Server x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
SQL Server 2012 Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
SQL Server 2012 SP1, SP2 13, SP3 16 Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Cluster Server x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Cluster Server x v
Windows 2012 R2 11 Standard x v
Datacenter x v
SQL Server 2014 11, SP1 16 Windows 2008 R2 Standard x SP1
Enterprise x SP1
Datacenter x SP1
Cluster Server x SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Cluster Server x v
Windows 2012 R2 11 Standard x v
Datacenter x v
SQL Server 2016 16, 19 Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Cluster Server x v
Windows 2012 R2 11 Standard x v
Datacenter x v
備考 ・ アプリケーションと OS の組み合わせは、日本マイクロソフト株式会社に準じます。

Topに戻る


凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポート
  [ x ] サポート対象外
Application Version OS Release OS Edition Supported Architecture/Service Pack Level
x86 x64
Oracle Database
Oracle Database 10.x a Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 2003 R2 Standard SP2 v, SP2
Enterprise SP2 v, SP2
Datacenter SP2 v, SP2
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Oracle Database 11.x a Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 2003 R2 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Windows 2008 Standard SP2 SP2
Enterprise SP2 SP2
Datacenter SP2 SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Oracle 12c 9, 17, 18, a Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
備考 ・ アプリケーションと OS の組み合わせは、日本オラクル株式会社に準じます。

Topに戻る


凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポート
  [ x ] サポート対象外
Application Version OS Release OS Edition Supported Architecture/Service Pack Level
x86 x64
Microsoft IIS Server
IIS 6.0 Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Cluster Server SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 2003 R2 Standard v, SP2 v, SP2
Enterprise v, SP2 v, SP2
Datacenter v, SP2 v, SP2
Cluster Server v, SP2 v, SP2
IIS 7.0 c Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Foundation Server 1 v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Cluster Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
IIS 7.5 c Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Web Server x v, SP1
Foundation Server 1 x v, SP1
Cluster Server x v, SP1
IIS 8.0 c Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Essentials 1 x v
Foundation 1 x v
Cluster Server x v
IIS 8.5 9, c Windows 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v
Essentials 1 x v
Foundation 1 x v
Cluster Server x v

Topに戻る


凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポート
  [ x ] サポート対象外
Application Version OS Release OS Edition Supported Architecture/Service Pack Level
x86 x64
VMware vCenter Server
VMware vCenter Server 4.1 10 Windows 2003 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Windows 2008 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
VMware vCenter Server 5.0 Windows 2008 Standard x SP2
Enterprise x SP2
Datacenter x SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
備考 ・ アプリケーションと OS の組み合わせは、ヴィエムウェア株式会社に準じます。

Topに戻る


凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポート
  [ x ] サポート対象外
Application Version OS Release OS Edition Supported Architecture/Service Pack Level
x86 x64
Arcserve RHA コントロール サービス
Arcserve RHA コントロール サービス f Windows 2003 Standard SP1, SP2 SP1, SP2
Enterprise SP1, SP2 SP1, SP2
Storage Server (WSS) b
(Express, Workgroup, Standard, Enterprise)
SP1, SP2 x
Datacenter SP1, SP2 SP1, SP2
Small Business Server 1 SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 2003 R2 Standard v, SP2 v, SP2
Enterprise v, SP2 v, SP2
Storage Server (WSS) b
(Express, Workgroup, Standard, Enterprise)
SP1, SP2 SP1, SP2
Datacenter v, SP2 v, SP2
Small Business Server 1 SP1, SP2 SP1, SP2
Windows 2008 Standard v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Enterprise v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Web Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Storage Server (WSS) b
(Basic, Workgroup, Standard, Enterprise)
v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Datacenter v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Foundation Server v(SP1), SP2 v(SP1), SP2
Windows 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Web Server x v, SP1
Storage Server (WSS) b
(Workgroup, Standard, Enterprise)
x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Foundation Server x v, SP1
Windows 2012 Standard x v
Datacenter x v
Essential 1 x v
Foundation 1 x v
Storage Server (WSS) b
(Workgroup, Standard)
x v
Windows 2012 R2 11 Standard x v
Datacenter x v
Essential 1 x v
Foundation 1 x v
Storage Server (WSS) b
(Workgroup, Standard)
x v

Topに戻る


凡例 : [ v ] SP 無しの OS をサポート
  [ x ] サポート対象外
Application Version OS Release OS Edition Supported Architecture/Service Pack Level
x86 x64
Microsoft Hyper-V (Hyper-V シナリオ使用時)
Windows Server 2008 R2 Hyper-V a, f, h Windows Server 2008 R2 Standard x v, SP1
Enterprise x v, SP1
Datacenter x v, SP1
Windows Server 2012 Hyper-V a, f, h Windows Server 2012 Standard x v
Datacenter x v
Windows Server 2012 R2 Hyper-V 9, a, f, h Windows Server 2012 R2 Standard x v
Datacenter x v

Topに戻る


仮想環境 (ゲスト OS)
VMware Virtualization
VMware Virtualization 2.5 d, 3.0 d, 3.5 d, 4.0 d , 4.1 e, 5.0 e, 5.1 e, 5.5 9, e, 6.0 13, e, 6.5
Citrix XenServer
Citrix XenServer 5.5, 5.6, 6.0, 6.1, 6.2 4
Microsoft Hyper-V Server
Microsoft Hyper-V Server Hyper-V 2008 R2, 2012, 2012 R2
Redhat KVM
KVM すべてのバージョン

Arcserve RHA 本体を仮想マシン上に導入する場合のサポート条件:

1. OS
- 上記サーバ仮想化アプリケーションが仮想マシンとしてサポートする OS
- Arcserve RHA が物理マシン上でサポートする OS

2. アプリケーション
- 上記サーバ仮想化アプリケーションが仮想マシン上でサポートするアプリケーション
- アプリケーション ベンダが当該仮想化環境上でサポートするアプリケーション
- Arcserve RHA が物理マシン上でサポートするアプリケーション

Topに戻る


クラウド サポート
クラウド サービス (クラウドの仮想マシンで利用)
Arcserve Replication をクラウド コンピュータに導入する場合、以下の条件全てを満たすクラウド システム (IaaS/PaaS) をサポートします。

1. OS
- クラウド コンピュータ上でクラウド ベンダがサポートする OS とバージョン

2. アプリケーション
- クラウド コンピュータ上でアプリケーション ベンダがサポートするアプリケーションとバージョン

3. Arcserve Replication サポート
- Arcserve Replication が物理マシン上でサポートする OS およびアプリケーションとバージョン

注意:
物理マシンで発生しない不具合の場合、Arcserve はベスト エフォートでのサポートまでを提供します。その場合、当該不具合の解消に至らずチケットをクローズする場合があります。

ベンダー様による検証で動作確認が完了しているクラウド サービスをこちらで公開しています。

その他の留意事項:
- Arcserve High Availability は、クラウド 仮想マシンでの使用をサポートしません。


[クラウド ベンダー様へ]
弊社所定のテスト ケースはこちらからダウンロードいただけます。

検証の有無によるサポート内容に相違はありませんが、お客様に安心してご利用いただくために検証実施をお勧めします。

Topに戻る


脚注:

1 データ レプリケーション (DR) シナリオのみサポートされています。ハイ アベイラビリティ (HA) シナリオはサポートされません。
4 Arcserve RHA r16.5 SP1 以降のサービスパックの適用が必要です。
7 MNS、SCR、CCR および DAG はサポートされていません。
9 Arcserve RHA r16.5 SP2 以降のサービスパックの適用が必要です。
10 Arcserve RHA r16.5 SP2以降ではサポートしません。(SP 無し、または SP1 でサポートします)
11 Arcserve RHA r16.5 SP3 以降のサービスパックの適用が必要です。
13 Arcserve RHA r16.5 SP4 以降のサービスパックの適用が必要です。
16 Arcserve RHA r16.5 SP5 以降のサービス パックの適用が必要です。
17 Oracle 12c の CDB (コンテナ・データベース) および PDB (プラガブル・データベース) 環境はサポート対象外です。
18 Windows 2012 R2 + Oracle 12c 環境の既知の問題については KB208386806 を参照してください。
19 レプリカ サーバのサービスを管理しません。ユーザ定義スクリプトを使用して、整合性テストまたはスイッチオーバーのためのサービスを管理してください。
20 Arcserve RHA r16.5 SP6 以降のサービス パックの適用が必要です。
   
a これらのアプリケーションは MSCS・WSFC (MSFC) 環境では使用できません。
b Arcserve RHA をインストールする前に日本語化作業 (日本語 MUI のインストールおよびロケールの変更) を行ってください。事前に日本語化作業を行わないと、英語版の Arcserve RHA がインストールされます。
c IIS 7.0/7.5/8.0/8.5 環境でレプリケーションを行うには、あらかじめマスタ サーバ/レプリカ サーバ双方に IIS 6.0 管理互換をインストールしておいてください。IIS 6.0 管理互換がインストールされていないとシナリオを作成することができません。
d vMotion、VMware HA、VMware DRS、VMware FT の対象になっているゲスト OS はサポートされません。
e vMotion、VMware HA、VMware DRS,、VMware FT の対象になっているゲスト OS をサポートします。
f 保護対象の仮想マシンの動作要件は、物理環境の動作要件に準じます。
g Arcserve RHA はダイナミック GPT ディスク 上のファイルの複製をサポートしています。
h Hyper-V ゲストが Windows 2016 の構成は未サポートです。
i コントロール サービスは未サポートです。

この脚注では日本国内でサポート対象外の機能・プラットフォームに関連するものを省略しています。欠番があるのはそのためです。

Topに戻る

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント